【チョコレートのカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例




チョコレートはお菓子の定番中の定番と言えますが、そのカロリー・栄養素をご紹介するとともに、ダイエットや筋トレの食品として考えた場合の最適な食べ方について解説します。

●チョコレートとはどんな食べ物?




チョコレートの原材料であるカカオは、紀元前2000年頃に中央アメリカのアステカ文明により栽培が始められました。



当時はコーンミールなどに唐辛子とともに使われる調味料でしたが、1492年のコロンブス到着以降、砂糖とともに飲まれるスタイルがヨーロッパに広まりました。

特にチョコレート伝来初期は、貴族階級の高級な飲み物として高値で流通していました。

その後、カカオは庶民にも広まり、長らくはチョコレートはカカオと砂糖を混ぜた飲み物でしたが、1875年にスイスで現在のチョコレートの原型となる固形化技術が発明され、今に至ります。



日本にチョコレートが伝来したのは、江戸時代の1797年~1800年と考えられており、当時の文献には「しょくらと」との記載が残されています。

現在の日本では、主にカカオの含有量によってチョコレート製品は、「チョコレート」「チョコレート菓子」「準チョコレート」「準チョコレート菓子」の四段階に分類されています。

●チョコレートのカロリー・栄養素


チョコレート100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:558kcal
タンパク質:6.9g (27.6kcal)
脂質:34.1g (306.9kcal)
炭水化物:55.8g (223.2kcal)

チョコレートは非常に純度の高いカロリー食品であることがわかります。

※数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

●チョコレートの目的別の食べ方


・バルクアップ筋トレの場合


チョコレートはとても純度の高いカロリー食品ですので、トレーニング前の運動エネルギー補給に有効です。

トレーニング前半には消化の速い糖質が、トレーニング後半には消化の緩やかな脂質が、効率的に運動エネルギーとして作用します。

また、トレーニング直後にもBCAA(分鎖岐アミノ酸)などと一緒に食べることで、筋肉合成カロリーとして働きます。

・ダイエットの場合


チョコレートは間食として少量を食べて血糖値を維持したり、食前に食べてあらかじめ血糖値を上げておき、食事自体での食欲を抑えるという食べ方があります。

●バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴




バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

●筋トレと食事の基礎知識




下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

●人気のダイエット食品




なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク