【蒲鉾のカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例




蒲鉾は伝統的な練り製品でうどん・そばなどのほか弁当の具材としても普及していますが、そのカロリー・栄養素をご紹介するとともに、ダイエットや筋トレの食品として考えた場合の最適な食べ方について解説します。

●蒲鉾とはどんな食べ物?


蒲鉾はタラ類・サメ類・イトヨリ類・ベラ類といった白身魚を材料とした練り製品で、蒲鉾板と呼ばれる杉板の上に半円状に盛り付けられるのが一般的です。

●蒲鉾のカロリー・栄養素


蒲鉾1本150gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:143kcal
タンパク質:18g (72kcal)
脂質:1.35g (12.15kcal)
炭水化物:14.55g (58.2kcal)

蒲鉾は高タンパク質で適度な筋肉合成カロリーを含んでいることがわかります。

※数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

●蒲鉾の目的別の食べ方


・バルクアップ筋トレの場合


蒲鉾は高タンパク質な上、適度な筋肉合成カロリーを含んでいますので、筋肥大バルクアップ筋トレにおすすめの食材です。

価格もリーズナブルですので、タンパク質が少なめの食事の「もう一品」にも最適です。

・ダイエットの場合


蒲鉾はダイエットに必要なタンパク質を多く含んでいますので、ダイエット時にはおすすめのタンパク質食品ですが、カロリーがやや高めの傾向にありますので、食べすぎには注意してください。

●具体的レシピ例


・筋トレ向き蒲鉾入りちゃんぽん鍋




こちらが、今回の材料の豚肉・イカ・薄揚げ・蒲鉾・もやし・エノキ・白菜です。

複数のタンパク質食品を同時に摂取することで、アミノ酸スコアが向上し、筋肥大実質的に有効なタンパク質量が増加しますので、筋トレ効果を高めるためには、ちゃんぽんのような食事は最適です。



まずは、だしの素と醤油で鍋スープを作りますが、ちゃんぽんは塩コショウをベースに味付けをしますので、薄めに醤油を入れます。



鍋を火にかけ、まずは白菜ともやしを入れます。



その上に、エノキ、薄揚げ・蒲鉾を乗せ、蓋をしてしばらく加熱します。



少し火が通ったら、豚肉とイカを入れて煮込んでいきます。



仕上げに、塩コショウで味付けをします。大粒のブラックペッパーを使うと風味が増すのでおすすめです。



是非、チャレンジしてみてください。

https://jawa-armwrestling.org/?p=11819

・筋トレ向き蒲鉾入りラーメン




まずは、赤身牛肉・ムキエビ・ボイルイカをテフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていきます。



このように、炒め上がりました。



続いて、薄揚げ・蒲鉾・野菜類を適度な大きさにカットし、フライパンに加え、蓋をして中火で蒸し焼きにします。



このように、美味しそうにトッピングが完成しました。味つけはお好みで塩コショウ・醤油などを使います。



次に、インスタントラーメンを作ります。美味しそうですが、このままこれだけで食べても、もちろん筋肉はつきませんので、具をトッピングしていきます。



このように出来上がりました。

以上、筋肥大バルクアップ筋トレ向きのインスタントラーメンのご紹介でした。筋肉がつかなくて…とお悩みの方は、是非、一度お試しください。

https://jawa-armwrestling.org/?p=4774

・筋トレ向き蒲鉾入りカップ焼きそば




こちらが、筋肥大バルクアップ向き焼きそばの材料の、焼きそばUFO・赤身牛肉・ムキエビ・ボイルイカ・薄揚げ・蒲鉾および野菜類です。



まずは、赤身牛肉・ムキエビ・ボイルイカをテフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていきます。



このように、炒め上がりました。



続いて、薄揚げ・蒲鉾・野菜類を適度な大きさにカットし、フライパンに加え、蓋をして中火で蒸し焼きにします。



このように、美味しそうにトッピングが完成しました。味つけはお好みで塩コショウ・醤油・ソースなどを使います。



まずは、焼きそばUFOから作っていきます。



熱湯を注ぎ、蓋をしてその上でソースを温めます。



美味しそうに出来上がりました。しかし、このままこれだけ食べても筋肉は大きくなりません。



先ほどのトッピングを適量乗せていただきます。



焼きそばUFOは、最近のバージョンアップで麺が生麺よりになり、本当の焼きそばのような風味が楽しめます。



一方、ぺヤングカップ焼きそばでも同様に作ってみました。



ペヤングカップ焼きそばも作っていきます。



同様に、熱湯を注ぎ、蓋をしてフタの上でソースを温めておきます。



出来上がりました。少しチープな香りがペヤングの魅力です。



こちらも、トッピングを行ってタンパク質強化を行います。

以上、筋肥大バルクアップ筋トレ向きのカップ焼きそばのご紹介でした。筋肉がつかなくて…とお悩みの方は、是非、一度お試しください。

https://jawa-armwrestling.org/?p=4775

●バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴




バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

●筋トレと食事の基礎知識




下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

●人気のダイエット食品




なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク