【ウインナーのカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例




ウインナーはひき肉を腸詰にした保存食品で、おかずやおつまみに人気の食品ですが、そのカロリー・栄養素をご紹介するとともに、ダイエットや筋トレの食品として考えた場合の最適な食べ方について解説します。

●ウインナーとはどんな食べ物?


ウインナーは、ひき肉に塩と香辛料を混ぜ合わせ腸詰にした保存食の一種で、多くは腸詰後に燻製処理がなされます。

なお、日本のJAS規格では、大きさによって以下のように分類されています。

・ウインナーソーセージ:太さ20mm未満で羊腸を使用

・フランクフルトソーセージ - 太さ20mm以上36mm未満で豚腸を使用

・ボロニアソーセージ - 太さ36mm以上で牛腸を使用

●ウインナーのカロリー・栄養素


ウインナーソーセージ5本100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:321kcal
タンパク質:13.2g (52.8kcal)
脂質:28.5g (256.5kcal)
炭水化物:3g (12kcal)

ウインナーは高タンパク質ですが、脂質カロリーもかなり高いことがわかります。

※数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

●ウインナーの目的別の食べ方


・バルクアップ筋トレの場合


ウインナーは高タンパク質ですが、ややカロリー過多の傾向にありますので、ささみなど高タンパク質低カロリーな食品と組み合わせて食べることをおすすめします。

・ダイエットの場合


ウインナーは高タンパク質ですがカロリーもかなり高い食品ですので、ダイエット時には一食当たり1~2本程度に食べる量を抑えることをおすすめします。

●具体的なレシピ例


・筋トレむきウインナー豆乳鶏鍋




こちらが今回の材料ですが、複数の動植物タンパク質が組み合わせてあり、タンパク質量だけでなくアミノ酸スコアとしても最高レベルの筋トレ鍋です。



まずは、下ごしらえとして鶏もも肉の皮を取り除きます。鶏皮はあまりに高カロリー・高コレステロールですので、筋トレの食事では常に除去するのが鉄則です。



鍋に豆乳スープ(市販品)を入れ、絹ごし豆腐・鶏もも肉・チーズ入りウインナーを入れていきます。

今回の豆腐は、豆乳のとろみにあわせて、より口どけのよい絹ごし豆腐を使用しています。

また、主役のウインナーは、脂身のかわりにチーズを使った、よりカルボナーラ的な風味に合うものをチョイスしました。



続いて、モヤシ・ネギ・キノコを包むように配置して加熱していきます。

モヤシは大豆が原料なので野菜類のなかでは圧倒的にタンパク質が豊富で、キノコ類にはタンパク質の消化吸収を補助する酵素が含まれています。



鍋の加熱と並行して、シメ用のパスタを茹でておきます。

パスタは植物性タンパク質が豊富なデュラム小麦を原料としていますので、筋トレと非常に相性のよい麺類です。



出来上がりました。



まずは、しっかりとタンパク質からいただきます。豆乳の風味とチーズ入りウインナーの相性は、想像以上にバッチリです。

絹ごし豆腐や鶏もも肉も、とてもスープに合っています。



具を一通りいただいたら、いよいよシメのカルボナーラ風パスタを作っていきます。

まずは、鍋に用意しておいたパスタを入れて加熱していきます。



パスタが温まったら、溶き卵を用意します。



溶き卵を鍋に入れたら、火を止めて余熱でしばらく放置します。



カルボナーラ風パスタが出来上がりました。ブラックペッパーを一振りすると、一気に風味が増しますのでおすすめです。

https://jawa-armwrestling.org/?p=11063

・筋トレ向きウインナーブロッコリー炒飯




こちらが、今回の材料のブロッコリーの茎・ウインナー・卵・パプリカです。



まずは、ブロッコリーの茎・ウインナー・パプリカを細か切りにします。



細か切りにしたこれらの材料を軽くボイルします。これにより、ブロッコリーは柔らかく食べやすくなり、ウインナーの余分な脂質を取り除くこともできます。



茹で上がりました。特にウインナーは脂質さえ減らせば、高タンパク質で安価なので、ウインナーは切ってから茹でることをおすすめします。



下準備ができたら、フライパンに薄く油をしいて炒り卵を作ります。



続いて、ボイルしたブロッコリーの茎・ウインナー・パプリカと少なめのご飯を加えて炒めていきます。



あとは、塩コショウ・オイスターソースなどで味付けをしたら出来上がりです。



お好みで、焼き肉やゴマをトッピングすると、さらに筋トレに効果的な焼き飯になります。

https://jawa-armwrestling.org/?p=6701

●バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴




バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

●筋トレと食事の基礎知識




下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

●人気のダイエット食品




なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク