スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

サイト内検索

【筋トレにベストなマグロ&肩ロースステーキ】複数タンパク質でアミノ酸スコア向上



筋トレ後には複数のタンパク質でアミノ酸スコアを向上させたダブルステーキがおすすめです。


マグロと牛肩ロースのカロリー・栄養素

組み合わせると理想的な筋肥大栄養バランス



こちらが、今回の材料のビンナガマグロ生ブロック・牛肩ロースステーキ・野菜類です。

ビンナガマグロと牛肩ロースそれぞれ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

ビンナガマグロのカロリー・栄養素

エネルギー:117kcal
タンパク質:26g (104kcal)
脂質:0.7g (6.3kcal)
炭水化物:0.2g (0.8kcal)

牛肩ロースのカロリー・栄養素

エネルギー:240kcal
タンパク質:17.9g (71.6kcal)
脂質:17.4g (156.6kcal)
炭水化物 0.1g (0.4kcal)

高タンパク質低カロリーで、筋肥大にはカロリー不足のビンナガマグロに、脂質カロリーが程よく含まれた肩ロース肉を組み合わせることで、バルクアップの理想比率である「タンパク質」:「筋肉合成カロリー」=1:2~3と、筋肥大にベストな配分になることがわかります。

マグロ&肩ロースのWステーキの作り方

マグロは表面だけ火を通すのがポイント



まずは、マグロブロックを焼いていきますが、肉類に比べマグロは火が通りやすいので、軽く炒めるだけで十分です。また、表面をクッキングバーナーで炙ると風味が増すのでおすすめです。



続いて牛肩ロース肉を焼いていきます。



スーパーで購入したリーズナブルな外産牛なので、しっかりと中まで加熱します。あとは、盛り付けて完成です。



なお、マグロステーキはこの写真程度の火の通り方が美味しくいただけます。
スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

スポンサーリンク

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

北米に続き日本でもブレイク開始

マシン筋トレの疑問を解決する人気記事

自宅トレーニングに必要不可欠な器具は

執筆アスリート陣がリピートしている食材

スポンサーリンク
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24 ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan