【筋トレむき貝焼き味噌】青森名物「みそかやき」はダイエットにも最適



津軽地方の名物・貝焼き味噌(下北地方ではみそかやき)は、高タンパク質低カロリーで筋トレやダイエットにも最適な食事メニューです。その作り方をご紹介します。

●ホタテと豆腐のカロリー・栄養素

・いずれも高タンパク質低カロリー



こちらが今回の材料のホタテ・豆腐・卵・白ネギです。

ホタテも豆腐も高タンパク質低カロリーで知られるダイエットむき食材です。その二つの食材を組み合わせるのですから、当然、貝焼き味噌(みそかやき)は筋トレに最適な食事メニューです。

また、高タンパク質な卵にくわえ、タンパク質調味料である味噌で味付けしますので、まさにタンパク質のかたまりのような食品ですね。

●貝焼き味噌(みそかやき)の作り方

・フライパンでの作り方



貝焼き味噌(みそかやき)は本来はホタテ貝の貝殻を使って作りますが、今回はフライパンで作っていきます。

まずは、ホタテと豆腐をテフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めます。



ホタテと豆腐が焼けたら、その上に白ネギを敷き詰め、みりんで溶いた味噌を加えます。

焦げないようにとろ火にし、蓋をしてしばらく蒸し焼きにします。



白ネギに火が通ったら、溶き卵を加え、卵とじにして完成です。



風味豊かで、筋肉にも最適ですので、是非お試しください。



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店