スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

サイト内検索

ダイエット筋トレ向きカニカマ豆腐ハンバーグ|高タンパク質低カロリーメニューの作り方レシピ



高タンパク質低カロリーで、ダイエット筋トレ後の食事として最適な「カニカマ豆腐ハンバーグ」の作り方レシピをご紹介します。


カニカマ豆腐ハンバーグの材料



こちらが、今回の材料のカニカマ・ハモすり身・焼き豆腐・卵・もやしです。主要食材100gあたりのカロリー・栄養素は以下のようになります。

カニカマ100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:90kcal
タンパク質:12.1g (48.4kcal)
脂質:0.5g (4.5kcal)
炭水化物:9.2g (36.8kcal)

ハモすり身あたりのカロリー・栄養素

エネルギー:144kcal
タンパク質:22.3g (89.2kcal)
脂質:5.3g (47.7kcal)
炭水化物:0g (0kcal)

卵2個100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:151kcal
タンパク質:12.3g (49.2kcal)
脂質:10.3g (92.7kcal)
炭水化物:0.3g (1.2kcal)

焼き豆腐100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:88kcal
タンパク質:7.8g (31.2kcal)
脂質:5.7g (51.3kcal) 13~20g
炭水化物:1g (4kcal)

いずれの食品も高タンパク質低カロリーで、ダイエットに最適な食材の組み合わせであることがわかります。

カニカマ豆腐ハンバーグの作り方



まず、細かく刻んだモヤシを弱火で炒め、水分を飛ばしておきます。



次に、焼き豆腐を崩し、キッチンペーパーで余分な水分を吸い取ります。



このようになりました。いかに余分な水分を吸い取っておくかが、ハンバーグを綺麗に固めるポイントです。



そして、細く割いたカニカマ・ハモすり身・卵を加えて混ぜていきます。



ふんわりと混ぜるのが食感をよくするコツです。



適度な大きさにし、フライパンで焼いていきますが、焦がさずに中まで火を通すため、弱火で蓋をしてじっくりと焼いていきます。



途中、何度かひっくり返して、最後に強火で水分を飛ばして焼き上がりです。



そうめんつゆなどをかけて食べると、和風でとても美味しくなります。

是非、お試しください。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

スポンサーリンク

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

北米に続き日本でもブレイク開始

マシン筋トレの疑問を解決する人気記事

執筆アスリート陣がリピートしている食材

スポンサーリンク
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24 ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan