【納豆ダイエット】大豆イソフラボン・ナットウキナーゼで血液サラサラ|ビタミンB・レシチンで代謝UP

4432576288_1541ffd676_b.jpg

●納豆がダイエットに効果がある理由


納豆はタンパク質が豊富なので、ダイエット時に不足しがちなタンパク質を補給できる上、大豆由来の食物繊維も多く含まれており、ダイエットの大敵である便秘対策にも効果的です。また、血液をサラサラにするとされている大豆イソフラボンやナットウキナーゼといった成分が豊富なだけでなく、ビタミンBとレシチンも多く含まれ、基礎代謝向上の作用もあると言われています。

これらが、納豆がダイエットに効果的とされる理由です。

●納豆1パック(50g)のカロリーと栄養


エネルギー 100kcal

タンパク質 8.25g (33kcal)

脂質 5g (45kcal)

炭水化物 6.05g (24.2kcal)

納豆はそれなりにカロリーがあり、決して低カロリー食品ではありませんが、そのカロリーの多くは新陳代謝に使われるタンパク質です。このため、その分のカロリーは事実上、カロリーとしてはあまり考慮する必要はありません。

●納豆ダイエットの具体的なやり方


納豆ダイエットは朝ごはんを納豆ご飯にするのが一般的ですが、あくまで納豆を食べるためのご飯であると考え、ご飯の量はできる限り少なめにしてください。また、ご飯のかわりに「納豆豆腐」「納豆きゅうり」「納豆サラダ」など、他のダイエット食品と組み合わせるとさらに効果的です。


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク