【牡蠣のカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例




牡蠣は冬の味覚として、また栄養素が豊富なことから「海のミルク」とも呼ばれる海鮮食品です。そのカロリー・栄養素をご紹介するとともに、ダイエットや筋トレの食品として考えた場合の最適な食べ方について解説します。

●牡蠣とはどんな食べ物?


カキはウグイスガイ目のイタボガキ科とベッコウガキ科に属する二枚貝の総称で、主に食用とされるのはマガキ属のマガキとイワガキです。

●牡蠣のカロリー・栄養素


牡蠣むき身5個100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:60kcal
タンパク質:6.6g (26.4kcal)
脂質:1.4g (12.6kcal)
炭水化物:4.7g (18.8kcal)

牡蠣は高タンパク質低カロリーなだけでなく、必須アミノ酸を全て含み、カルシウムや亜鉛などのミネラル分が豊富です。

※数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

●牡蠣の目的別の食べ方


・バルクアップ筋トレの場合


牡蠣は高タンパク質低カロリーなだけでなく、筋肉合成にかかわる亜鉛も豊富に含んでいますので、筋肥大バルクアップに属する最適なタンパク質食品の一つと言えます。

ただし、筋肉合成カロリーが不足しますので、フライにするか倍量のご飯と食べることをおすすめします。

・ダイエットの場合


牡蠣は高タンパク質低カロリーで、ダイエット時に不足しがちなミネラル分も豊富なため、ダイエットに最適なタンパク質食品の一つです。

ただし、オーバーカロリーになりますので、カキフライで食べるのは避けましょう。

●具体的レシピ記事


・筋トレ向きカキ唐揚げ




こちらが、今回の料理に使った活マガキです。



カキは活き牡蠣のままだと殻を固く閉じており、専用の道具がないとなかなか剥くことができません。

家庭で調理する時は、軽く茹で(茹ですぎないことがポイント)、殻を若干開けておくとスプーンなどでも剥くことができます。



このように綺麗に剥くことができました。



カキの揚げ物と言えばカキフライですが、衣のカロリーがかなり高くなるので、筋トレの食事としては唐揚げをおすすめします。



作り方はいたって簡単で、唐揚げ粉をまぶして揚げるだけです。



出来上がりました。

冬季のカキはノロウィルス感染のリスクもありますので、しっかりと揚げることをおすすめします。

・筋トレ向き牡蠣ペペロンチーノ




続いて、牡蠣のペペロンチーノ風の作り方ですが、まず殻を剥いたカキにニンニク・唐辛子・塩コショウを馴染ませます。



下ごしらえができたら、オリーブ油を軽くひいたフライパンで炒めるだけです。



美味しそうに炒め上がりました。



熱いうちにお皿に盛り付けます。



仕上げに、チーズをトッピングし、クッキングバーナーで軽く炙ると風味が倍増するのでおすすめです。

https://jawa-armwrestling.org/?p=11869

・筋トレ向き牡蠣の牛乳シチュー





こちらが、今回の材料の牡蠣・牛乳・玉ねぎ・ニンジン・じゃがいも・アスパラです。



牡蠣は下茹でして殻から取り出してむき身にします。野菜は適度な大きさにカットし、あらかじめ電子レンジで余熱しておくと時短になります。



まずは、野菜を炒めていきます。いきなり煮込むと崩れやすいので、あらかじめ表面を炒めておくのがポイントです。



ある程度炒めたら、塩コショウで味付けをします。



続いて、牡蠣のむき身を入れます。



そして、牛乳を加えて中火で煮込んでいきます。



具材がしっとりとしてきたら、小麦粉を少量加えてとろみをつけて出来上がりです。



とても美味しく、筋肥大に抜群の効果がありますので、是非、お試しください。

https://jawa-armwrestling.org/?p=11184

●バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴




バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

●筋トレと食事の基礎知識




下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

●人気のダイエット食品




なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク