【厚揚げのカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例




厚揚げはヘルシーで食べ応えもある豆腐料理として知られています。そのカロリー・栄養素をご紹介するとともに、ダイエットや筋トレの食品として考えた場合の最適な食べ方について解説します。

●厚揚げとはどんな食べ物?


厚揚げは厚く切った豆腐を200℃前後の油で揚げた大豆食品で、油揚げとは違い、中身が豆腐の生の状態を保ったままであることが特徴です。

あまり調理はせずに食べられるが一般的で、大根おろしとともに醤油で食べたりします。また、おでんの具や煮物にも使われることが少なくありません。

●厚揚げのカロリー・栄養素


・高タンパク質だが脂質が多い


厚揚げ100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:150kcal
タンパク質:10.7g (42.8kcal)
脂質:11.3g (101.7kcal)
炭水化物:0.9g (3.6kcal)

厚揚げは高タンパク質であるものの、脂質も多く含まれていることがわかります。

※数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

●厚揚げの目的別の食べ方


・バルクアップ筋トレの場合


厚揚げは、そのままでタンパク質:カロリー=1:3と筋肥大のために最適な栄養素配分をしています。ですので、おかずにしてご飯も食べる場合は、他のタンパク質食品も加えて、比率を保つ工夫が必要になります。

・ダイエットの場合


厚揚げはハイカロリーなので、基本的にはダイエットには向かない食品ですが、少量を食べてタンパク質を摂取するとともに、腹持ちのよい脂質の特徴を活かす方法もあります。また、熱湯で洗うことにより、かなりカロリーをカットすることが可能です。

●具体的なレシピ記事


・筋トレ向き厚揚げ牛肉炒め




こちらが、今回の材料の厚揚げ・牛肉・チンゲンサイです。なお、タンパク質の筋肉合成カロリーとして機能する炭水化物食品の焼きそばも加えました。



まずは、テフロン加工のフライパンで油を使わずに牛肉を炒めていきます。



牛肉に半ば火が通ったら、一口大にカットした厚揚げを加えて、一緒に炒めていきます。



厚揚げと牛肉に火が通ったら、カットしたチンゲンサイをたっぷりと乗せ、蓋をして蒸し焼きにします。これにより、三種類の食材の風味がそれぞれに染み込み、とても美味しくなります。



蒸し終わりました。味付けは素材の旨みを生かして、シンプルに塩コショウのみです。



厚揚げと牛肉のチンゲンサイ炒めはこれで出来上がりです。



別のフライパンを用意し、焼きそばを炒めていきます。



先ほどの野菜炒めの一部を加えて、炒めていきます。



焼きあがりました。



まずは、この焼きそばをお皿に盛り付けます。



そして、たっぷりの野菜炒めを乗せて完成です。ぜひ、お試しください。

https://jawa-armwrestling.org/?p=13952

・筋トレ向き厚揚げとササミのキムチ炒め




こちらが今回の主な材料です。厚揚げにササミ、キムチ、そしてお好みに合わせブロッコリースプラウトやネギ等の薬味を準備しておきましょう。



まずは厚揚げの下ごしらえ。厚揚げはカロリーが高いため、気になる方は予め熱湯で軽く洗ってあげると良いでしょう。その後水気を切り、包丁で食べやすいサイズにカットしていきます。



そして同時にササミの下ごしらえも行っていきます。ササミは軽くボイルし、その後は手で食べやすいサイズに裂いておきます。




続いてフライパンに少量油を入れ、厚揚げの表面がこんがりとキツネ色になるまで炒めます。



ある程度炒めたところで、フライパンにササミとキムチを投入。この時、必要に応じて塩や醤油などで味を調えておきましょう。



お皿に盛りつけ、上から薬味を添えれば完成です。食べごたえ満点の厚揚げとササミが、ピリッと辛いキムチのおかげでより食欲をそそる料理へと変貌しました。是非一度お試し下さい。

https://jawa-armwrestling.org/?p=14568

・ダイエット向き厚揚げのはさみ焼き




こちらが、今回のレシピの材料です。厚揚げの他に、ナスとピーマン、鶏のむね肉を使用していきます。



まずは厚揚げの油抜きを行います。しっかりと余分な油を抜くことで少しでも脂質を減らし、ヘルシーな厚揚げにしていきます。

方法は簡単。沸騰したお湯で数分茹で、写真のようにキッチンペーパーでしっかりと油分を吸い取ります。





続いてナスとピーマンをみじん切りにしていきます。

出来るだけ大きさを均一に、小さめに切るのがポイントです。



次に厚揚げを四等分に切ります。四角い形に切ってもいいのですが、今回は少しお洒落に三角形に切ってみました。



フライパンで厚揚げの表面を焼いていきます。
こんがりと焼き色が付くくらいまで焼いていきましょう。

テフロン加工のフライパンを使えば、油を使わなくても焦げ付くことなく焼くことが出来ますよ。


厚揚げを焼いている間に、むね肉を用意していきます。

適当な大きさに切ったむね肉をタッパーに入れ、少量のお酒を加えて火が通るまで電子レンジで加熱します。
チンしすぎると、お肉がパサパサになってしまうので注意が必要です。

火が通ったら写真のように細かく切っていきましょう。



みじん切りにしたナス、ピーマン、鶏のむね肉を混ぜ合わせ、これに味噌とみりん、お酒を加えて味付けをしていきます。

調味料の割合の目安は2:2:1くらいですが、お好みで調節してみて下さい。

味噌が固く全体に馴染みにくい場合は、ラップをして少し電子レンジで温めると全体的にしんなりして混ぜやすくなります。



厚揚げに切れ目を入れて、先ほど作ったタネを挟んでいきます。たっぷりと溢れるくらい詰め込むのがオススメです。

これをトースターで5分程焼いたら完成です!



ボリューム満点でメインのおかずにもなる厚揚げレシピ、ぜひ試してみてくださいね。

https://jawa-armwrestling.org/?p=14232

●バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴




バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

●筋トレと食事の基礎知識




下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

●人気のダイエット食品




なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク