【チーズダイエット】良質脂質の少量摂取で得られる満腹感とビタミンBの代謝力が決め手



チーズは脂肪分が多いので「太る食べ物」と認識されていますが、少量を適切なタイミングで食べるとダイエット効果があることはあまり知られていません。

●チーズがダイエットに効果がある理由




チーズは乳製品なので、良質で豊富なタンパク質を含んでいます。筋肉や内蔵の原料であるタンパク質を適切に摂ることで代謝が上がり、身体がダイエットしやすい状態になります。

チーズに脂肪分が多いのは事実ですが、逆に脂肪分は少量でも満腹感が得られ、腹持ちがよいというダイエット向きの側面も持っています。

そして、チーズには新陳代謝に重要なビタミンB6とB12が豊富に含まれており、ダイエット時にありがな基礎代謝の低下を防いでくれます。

これらが、チーズがダイエットに効果がある理由です。

●チーズのカロリーと栄養




スライスチーズ一枚あたりのカロリーと栄養素は以下の通りです。

エネルギー61kcal

タンパク質4.09g (16.36kcal)

脂質4.68g (42.12kcal)

炭水化物0.23g (0.92kcal)

たしかにハイカロリーですが、チーズダイエットでは少量食べる程度なので、得られるメリットのほうが大きくなりますので、不安になる必要はありません。

●チーズダイエットの具体的なやり方




チーズダイエットのやり方は、各食前に少量(スライスチーズ一枚程度)を食べるというものです。

これにより、事前に満腹感が得られるため食事量をグッと減らすことができます。なお、食事ではタンパク質はしっかりと摂り、炭水化物と脂質を抑えてカロリーカットするようにしましょう。


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク