【エビチリのカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例




エビチリは正式には「エビのチリソース」と呼ばれ、中華料理として人気のメニューです。そのカロリー・栄養素をご紹介するとともに、ダイエットや筋トレの食品として考えた場合の最適な食べ方について解説します。

●エビチリとはどんな食べ物?


エビチリは、中華料理人の陳建民氏が日本人の好みにあわせ、四川料理の「乾燒蝦仁」をアレンジしたオリジナル料理です。

四川料理の乾燒蝦仁は豆板醤の辛味がとても強く、日本人むけではないため、ケチャップやトマトを加えて辛味が抑えられています。

●エビチリのカロリー・栄養素


エビチリ100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:132kcal
タンパク質:8.16g (32.64kcal)
脂質:7.23g (65.07kcal)
炭水化物:6.92g (27.68kcal)

エビチリは高タンパク質で適度な筋肉合成カロリーを含む、優秀な筋トレ料理であると言えます。

※数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

●エビチリの目的別の食べ方


・バルクアップ筋トレの場合


エビチリは高タンパク質で適度な筋肉合成カロリーも含んでいますので、トレーニング後の食事メニューとしておすすめです。

・ダイエットの場合


エビチリはダイエットに必須となるタンパク質を豊富に含んでいますが、カロリーが高い傾向にありますので、食べすぎには注意してください。

●具体的なレシピ例


・ダイエット向きエビチリ豆腐




こちらが、今回発表材料のエビ・焼き豆腐・冷凍枝豆と焼肉のたれ+キムチの素です。



まずは、エビをテフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていきます。



続いて、適度な大きさにカットした豆腐を炒めていきますが、全ての面が焼けるように、こまめにひっくり返すのがポイントです。



エビと豆腐に火が通ったら味付けをしていきますが、焼肉のたれとキムチの素を合わせると、簡単に四川風味になりますので便利です。



あとは、冷凍枝豆を加えてさっと炒めて出来上がりです。



このように、お弁当にしても美味しいのでおすすめです。

https://jawa-armwrestling.org/?p=10871

●バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴




バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

●筋トレと食事の基礎知識




下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

●人気のダイエット食品




なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク