スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

Search

【ペペロンチーノのカロリー】栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の量と筋肉・筋トレとの関係



ペペロンチーノのカロリーと三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の成分量を解説するとともに、食品と筋肉・筋トレに関する情報もご紹介します。

三大栄養素と筋肉の関係



タンパク質は筋肉の材料になります。炭水化物と脂質は筋肉を合成するときのカロリーとなるだけでなく、トレーニング時の運動エネルギーにもなります。炭水化物は短時間の運動に、脂質は長時間の運動にそれぞれ有効です。三大栄養素はいずれも過剰に摂取すると体脂肪として蓄えられます。

ペペロンチーノとはどんな食べ物?

アーリオ・オリオ・エ・ペペロンチーノ(伊: Aglio, olio e peperoncino)は、イタリア料理の一種。日本ではパスタ料理として、ペペロンチーノの略称で広く知られている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ

ペペロンチーノのカロリーと栄養素

ペペロンチーノ1人前280gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:510kcal
タンパク質:14.11g
脂質:14.64g
炭水化物:75.71g

なお、数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

ペペロンチーノの具体的レシピ例

高タンパク質低カロリーペペロンチーノの作り方

鶏肉は皮をとりオリーブオイルなしで低カロリー化



こちらが、今回の最適化チャレンジの材料であるパスタ(スパゲッティ)・鶏もも肉・パプリカ・ニンニク・唐辛子です。

ペペロンチーノの正式な名称は、アーリオ(にんにく)・オリオ(オリーブ油)・ペペロンチーノ(唐辛子)となっており、その名の通り、茹でパスタをオリーブオイルで炒め、ニンニクと唐辛子で味付けした非常にシンプルで、しかし飽きのこないイタリアの庶民料理です。

このままですと、タンパク質はパスタに含まれる植物タンパク質のみとなりますので、皮をはいだ鶏もも肉でタンパク質強化を行いました。
そして、低減できる最大のカロリー源はオリーブオイルですので、本チャレンジではオリーブオイルを使わないこととし、脂質は皮なし鶏もも肉に含まれるものだけを使用しました。

また、オリーブオイルの香りのかわりに芳香性の強いパプリカを使用することで、風味を損なわないようにしつつカロリー低減をしています。



まずは材料の下ごしらえからはじめます。鶏もも肉は皮をきれいに取り除き、肉に付着している余分な脂身も除去します。パプリカは一口サイズにカットしておきます。

なお、鶏肉のさばきは包丁ではなくキッチンバサミのほうが滑らず使いやすいのでおすすめです。

下ごしらえと同時にパスタ茹でていきますが、茹で時間などは製品により異なりますので、実際に使用するパスタのパッケージに準じて茹でてください。

なお、茹でパスタをさらに加熱調理しますので、若干固めに茹でておくことをおすすめします。



肉と野菜の下ごしらえが済んだら、テフロン加工のフライパンで油を使わずに鶏もも肉を炒めていきます。



鶏もも肉が八分目ほど炒め上がったら、一口大にカットしておいたパプリカを追加し、さらに炒めていきます。



最後に、あらかじめ茹でておいたスパゲッティを追加し、おろしニンニク・鷹の爪・塩コショウで味付けをしてさらに炒めて出来上がりです。



あとは、サラダなどを添えてお皿に盛りつけて完成です。なお、ブラックペッパーを軽く振りかけると風味が倍増するのでおすすめです。

ペペロンチーノの旨味を上手く再現しつつ、高タンパク質低カロリー化が成功しました。
是非、お試しください。

ボンレスハムペペロンチーノの作り方

ハムの脂だけで作ってヘルシー



まずは、生フィットチーネを茹でて起きますが、後の調理加熱を考慮して固めに茹でておくのがポイントです。



ボンレスハムは、テフロン加工のフライパンで油を使わず、ハムの脂だけで焼いていきます。



ハムが焼けてきたら、茹でておいたフィットチーネを入れ、塩コショウ・おろしニンニク・唐辛子で味をつけ、弱火にして蓋をします。



ペペロンチーノは香りが重要な料理ですので、絶対に強火で炒めてはいけません。香りが全て飛ぶだけでなく、フィットチーネのモチモチ感も失われてしまいます。必ず蓋をして加熱してください。



フィットチーネに透明感が出てきたら、出来上がりの合図です。お皿に盛り付け、ブラックペッパーを一振りすると、さらに風味が高まります。

是非お試しください。

アサリのペペロンチーノパスタの作り方



まずは、剥きあさりをバターで炒めていきます。好みによりオリーブオイルでもかまいません。



続いて、適度な大きさにカットしたピーマン・パプリカを加えてさらに炒めます。この間に、平行してパスタを茹でておきます。



あさりと野菜に火が通ったら、茹でておいたパスタを加えます。パスタは、具の旨みを吸いやすいように、やや固めに茹でておくのがポイントです。



最後に、おろしにんにく・唐辛子・塩コショウで味付けをして出来上がりです。



簡単に作れて、とても美味しく、なおかつ筋肉にも最適な料理ですので、是非お試しください。

主なペペロンチーノ料理のカロリーと栄養素

生ハムペペロンチーノのカロリーと栄養素



生ハムペペロンチーノ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:567kcal
タンパク質:20.67g (82.68kcal)
脂質:19.02g (171.18kcal)
炭水化物:73.35g (293.4kcal)

なお、数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

焼きそばペペロンチーノのカロリーと栄養素



焼きそばペペロンチーノ1人前280gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:566kcal
タンパク質:15.29g
脂質:15.99g
炭水化物:88.82g

枝豆ペペロンチーノのカロリーと栄養素



枝豆ペペロンチーノ1皿60gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:100kcal
タンパク質:6.47g
脂質:5.56g
炭水化物:6.31g

なお、数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴



バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

筋トレと食事の基礎知識



下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

食事に関する関連記事(人気記事)



人気のダイエット食品



なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

スポンサーリンク

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

北米に続き日本でもブレイク開始

業務用サイズを1個口から

スポンサーリンク
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24 ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan