スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

Search

【カツ丼のカロリー】栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の量と筋肉・筋トレとの関係



カツ丼のカロリーと三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の成分量を解説するとともに、食品と筋肉・筋トレに関する情報もご紹介します。

三大栄養素と筋肉の関係



タンパク質は筋肉の材料になります。炭水化物と脂質は筋肉を合成するときのカロリーとなるだけでなく、トレーニング時の運動エネルギーにもなります。炭水化物は短時間の運動に、脂質は長時間の運動にそれぞれ有効です。三大栄養素はいずれも過剰に摂取すると体脂肪として蓄えられます。

カツ丼とはどんな食べ物?

カツ丼(カツどん、英語:Katsudon)は、丼鉢に盛った飯の上にカツを乗せた日本の丼料理である。多くの場合、カツ丼のカツにはトンカツを使用するが、ビーフカツ、チキンカツ、メンチカツ、海老カツといったカツを使用したカツ丼も存在し、それぞれ、「ビーフカツ丼」、「チキンカツ丼(卵綴じ限定で「親子カツ丼」と別呼称される)」などと呼ばれ、牛肉料理や鶏肉料理の専門店では、これらを単に「カツ丼」と呼ぶこともある。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/カツ丼

カツ丼のカロリーと栄養素

カツ丼1人前500gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:915kcal
タンパク質:32.55g (130.2kcal)
脂質:33.2g (298.8kcal)
炭水化物:112.3g (449.2kcal)

なお、数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

筋トレ向きヒレかつ丼の作り方

ヒレ肉は鶏肉なみに高タンパク質低カロリー



こちらが、今回の材料の豚ヒレ肉・麩(衣)・卵(つなぎ)です。まずは、豚ヒレ肉100gあたりのカロリー・栄養素を見ていきましょう。

豚ヒレ肉のカロリー・栄養素

エネルギー:115kcal
タンパク質:22.8g (91.2kcal)
脂質:1.9g (17.1kcal)
炭水化物:0.2g (0.8kcal)

豚ヒレ肉は極端に脂身がすくないため、皮なし鶏肉なみに高タンパク質低カロリーであることがわかります。

麩を衣に使う有効性



まずは、衣になる麩を砕いていきます。なお、通常のとんかつやヒレかつにはパン粉を使用しますが、パン粉と麩それぞれ100gあたりのカロリー・栄養素を比較してみましょう。

麩100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:385kcal
タンパク質:28.5g (114kcal)
脂質:2.7g (24.3kcal)
炭水化物:56.9g (227.6kcal)

パン粉100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:373kcal
タンパク質:14.6g (58.4kcal)
脂質:6.8g (61.2kcal)
炭水化物:63.4g (253.6kcal)

カロリーとしてはほとんど変わりませんが、その成分比率を比べると、明らかに麩のほうが高タンパク質であることがわかります。

また、麩に含まれるタンパク質は植物タンパク質なので、肉類と組み合わせることにより、全体のアミノ酸スコアが向上します。

筋トレの食事を作るときは、衣には麩を使うことをおすすめします。



衣の準備ができたら、一口サイズにカットした豚ヒレ肉を溶き卵にひたし、麩の衣をまぶしていきます。

あくまでも麩ですので、たっぷりと衣をつけても問題ありません。



衣をつけた豚ヒレ肉は、10~20分ほど放置して肉に衣をなじませます。衣をつけてすぐに調理すると、加熱中に衣が剥がれやすくなるので、注意してください。

衣が肉になじんだら、テフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いていきます。



肉本来の脂質だけで衣部分をカリっと焼き上げるのが美味しい焼き方ですが、表面が焦げないように弱火にし、なんどもひっくり返しながら焼き揚げにするのがコツです。



焼き上がったら、そのままヒレカツとして食べても美味しいですが、今回は、さらにそこからカツ丼にしていきます。

出来上がったヒレカツを小フライパンに移し加熱していきます。そして、醤油・みりん・だしの素などで味付けをします。



仕上げに、溶き卵をかけ、薬味のネギを乗せて、卵が半熟になるまで加熱したら、ご飯にかけて出来上がりです。

筋トレの効果を高め、さらにヘルシーですので是非チャレンジしてみてください。

主なカツ丼料理のカロリーと栄養素

チキンカツ丼のカロリーと栄養素



チキンカツ丼1人前00gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:990kcal
タンパク質:38.88g (155.52kcal)
脂質:37.08g (333.72kcal)
炭水化物:114.96g (459.84kcal)

デミカツ丼のカロリーと栄養素



デミカツ丼1人前500gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:995kcal
タンパク質:29g (116kcal)
脂質:31.6g (284.4kcal)
炭水化物:138.25g (553kcal)

外食チェーンやコンビニのカツ丼

なか卯カツ丼のカロリーと栄養素



なか卯カツ丼(並盛り)1食あたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:820kcal
タンパク質:29.9g
脂質:28.4g
炭水化物:107.8g

なか卯チーズカツ丼のカロリーと栄養素



なか卯チーズカツ丼(並盛り)1食あたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:968kcal
タンパク質:39.7g
脂質:40.3g
炭水化物:108.4g

なか卯牛カツ丼のカロリーと栄養素



なか卯牛カツ丼(並盛り)1食あたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:1090kcal
タンパク質:41.7g
脂質:49.9g
炭水化物:115.1g

なお、数値と画像は「なか卯公式ホームページ」を参照しています。

たれカツ丼のカロリーと栄養素



たれカツ丼1個あたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:946kcal
タンパク質:30.4g
脂質:37.2g
炭水化物:124.2g

ソースかつ丼のカロリーと栄養素



豚ロースのソースかつ丼1個あたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:862kcal
タンパク質:20.6g
脂質:28.6g
炭水化物:131.8g

なお、数値と画像は「セブンイレブン公式ホームページ」を参照しています。

バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴



バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

筋トレと食事の基礎知識



下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

食事に関する関連記事(人気記事)



人気のダイエット食品



なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

スポンサーリンク

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

北米に続き日本でもブレイク開始

業務用サイズを1個口から

スポンサーリンク
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24 ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan