スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

サイト内検索

イチゴ(いちご・苺)のカロリー|栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の量と筋 肉・筋トレとの関係

イチゴ(いちご・苺)のカロリーと三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の成分量を解説するとともに、食品と筋肉・筋トレに関する情報もご紹介します。

イチゴ(いちご・苺)の食品としての概要

イチゴ(苺、覆盆子、一期、英: Fragaria)は、バラ科の多年草。一見して種子に見える一粒一粒の痩果(そうか)が付いた花托(花床ともいう)部分が食用として供される。甘みがあるため果物として位置づけられることが多いが、草本性の植物であるので野菜として扱われることもある。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/イチゴ

イチゴ(いちご・苺)のカロリーと栄養成分

イチゴ(いちご・苺)100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:34kcal
タンパク質:0.9g (3.6kcal)
脂質:0.1g (0.9kcal)
炭水化物:8.5g (34kcal)

なお、数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

主な苺加工食品のカロリーと栄養素

いちご大福のカロリーと栄養素



いちご大福1個80gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:146kcal
タンパク質:2.45g (9.8kcal)
脂質:0.32g (2.88kcal)
炭水化物:32.49g (129.96kcal)

いちごムースのカロリーと栄養素



いちごムース1個100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:205kcal
タンパク質:4.05g (16.2kcal)
脂質:14.63g (131.67kcal)
炭水化物:13.58g (54.32kcal)

いちごババロアのカロリーと栄養素



いちごババロア100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:244kcal
タンパク質:5.47g (21.88kcal)
脂質:17.68g (159.12kcal)
炭水化物:15.57g (62.28kcal)

いちごサンドのカロリーと栄養素



いちごサンド1枚120gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:284kcal
タンパク質:6.5g (26kcal)
脂質:12.67g (114.03kcal)
炭水化物:36.26g (145.04kcal)

いちごプリンのカロリーと栄養素



いちごプリン1個120gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:190kcal
タンパク質:3.56g (14.24kcal)
脂質:13.04g (117.36kcal)
炭水化物:14.66g (58.64kcal)

いちごパイのカロリーと栄養素



いちごパイ120gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:274kcal
タンパク質:4.91g (19.64kcal)
脂質:14.14g (127.26kcal)
炭水化物:30.28g (121.12kcal)

いちごクッキーのカロリーと栄養素



いちごクッキー1枚15gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:49kcal
タンパク質:0.63g (2.52kcal)
脂質:2.55g (22.95kcal)
炭水化物:5.47g (21.88kcal)

いちごチョコのカロリーと栄養素



いちごチョコ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:206kcal
タンパク質:2.89g (11.56kcal)
脂質:11.44g (102.96kcal)
炭水化物:24.28g (97.12kcal)

いちごシャーベットのカロリーと栄養素



いちごシャーベット1個120gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:118kcal
タンパク質:0.47g (1.88kcal)
脂質:0.05g (0.45kcal)
炭水化物:30.34g (121.36kcal)

いちごレアチーズケーキのカロリーと栄養素



いちごレアチーズケーキ1個130gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:360kcal
タンパク質:5.21g (20.84kcal)
脂質:28.42g (255.78kcal)
炭水化物:19.93g (79.72kcal)

なお、数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

筋トレと食事の摂取方法

高タンパク質+筋肉合成カロリーを意識する

食品は主にタンパク質・脂質・炭水化物の三大栄養素と呼ばれる物質から構成されています。筋トレで筋肥大(バルクアップ)していくためには、筋肉の材料となるタンパク質をしっかりと摂取するだけでなく、筋肉を合成するために必要なカロリーも摂取する必要があります。

バルクアップのためのPFCバランス

PFCバランスは三大栄養素の「P:タンパク質」「F:脂質」「C:炭水化物」を摂取する比率(バランス)のことです。一般的なPFCバランスは、P2:F2:C6ですが、バルクアップ筋トレの場合は4:2:4を基本としてタンパク質だけでなく十二分なカロリーも摂取するようにします。するとよいでしょう。

なお、タンパク質の摂取量の目安は体重1kgにつき順タンパク質2g(肉類換算10g前後)です。

三大栄養素について

三大栄養素はタンパク質・脂質・炭水化物の3種類であることはすでに解説しましたが、それぞれに働きが異なるため、それらを理解した上て最適な摂取をすることがバルクアップへの近道です。

カロリーとは

カロリー(cal)とはエネルギーのことで、基準は1ccの水の温度を1℃上昇させる熱量のことです。バルクアップ筋トレの場合、トレーニング自体の運動エネルギーとしてだけでなく、タンパク質を消化吸収・再合成するためにも多くのカロリーが必要になります。

タンパク質とは

タンパク質は分鎖岐アミノ酸が結合した物質で、筋肉を構成する筋トレにおいてもっとも大切な栄養素です。いくら筋トレを頑張っても、タンパク質不足だと筋肉は大きくならないばかりか小さくなってしまうこともありますので、食事においては最優先で摂取するようにしてください。

脂質とは

脂質は少量でカロリーが高いため敬遠される傾向にありますが、ゆっくりとエネルギーになるため長時間のハードトレーニング前には適量を摂取すると効果的です。

炭水化物とは

炭水化物は摂取してから分解されエネルギーに変わるまでが早く、筋トレ前や筋トレ中の運動エネルギー補給に向いています。また、筋肉合成カロリーとしてタンパク質と一緒に摂取するとバルクアップには有効で、タンパク質の倍量摂取を目安にするとよいでしょう。

筋トレと食事の基礎知識

下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

食事に関する関連記事(人気記事)

人気のダイエット食品

なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

スポンサーリンク

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

北米に続き日本でもブレイク開始

マシン筋トレの疑問を解決する人気記事

自宅トレーニングに必要不可欠な器具は

執筆アスリート陣がリピートしている食材

スポンサーリンク
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24 ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan