【ニジマス(サーモントラウト)のカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例




ニジマス(サーモントラウト)は渓流魚として上品な味わいが人気の淡水魚ですが、そのカロリー・栄養素をご紹介するとともに、ダイエットや筋トレの食品として考えた場合の最適な食べ方について解説します。

●ニジマス(サーモントラウト)とはどんな食べ物?


ニジマス(サーモントラウト)はサケ科に属する回遊性淡水魚で、北太平洋沿いにカムチャッカ半島からカナダ西海岸にかけて分布しています。

アマゴ・イワナなどと同様に、小型サケ科魚類の特徴として一生を河川で過ごす陸封型と、いったんは海に下りて大型化した後に再び川に戻る回遊型(降海型)とに分けられます。




ニジマス(サーモントラウト)はゲームフィッシュ・フライフィッシュとしても人気で、特に回遊型(降海型)の銀化した大型固体は全長1200mmにも達し、釣り人の間では「スチールヘッド」と呼ばれています。




ニジマスは養殖が容易であるため、日本国内・海外でも多く養殖されており、国内で食材として出回るサケ科魚類としてはギンザケとならんで圧倒的なシェアを持っています。



なお、食材として販売される場合の呼称は「サーモントラウト」とするのが一般的です。また、生食用として販売されるのは、個体大型化のため海外(主にチリ)において海面養殖されたもので、赤色を強くするために甲殻類由来のアスタキサンチンなどの餌料が与えられていることも少なくありません。

食べ方としては、刺身や寿司として食べられるだけでなく、ムニエル・シチュー・フライとさまざまな形で調理されます。

●ニジマス(サーモントラウト)のカロリー・栄養素


ニジマス(サーモントラウト)可食部100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:127kcal
タンパク質:19.7g (78.8kcal)
脂質:4.6g (41.4kcal)
炭水化物:0.1g (0.4kcal)

ニジマス(サーモントラウト)は、高タンパク質低カロリーな食品であることがわかります。

※数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

●ニジマス(サーモントラウト)の目的別の食べ方


・バルクアップ筋トレの場合


ニジマス(サーモントラウト)は、非常に高タンパク質低カロリーな食品であるため、筋肥大バルクアップ筋トレ後の食材として最適です。

ただし、筋肉合成カロリーが不足しますので、倍量のご飯と一緒に食べるか、フライにするなどの工夫が必要です。

・ダイエットの場合


ニジマス(サーモントラウト)は、非常に高タンパク質低カロリーな食品ですので、ダイエット中に重要となるタンパク質の補給食品として優れています。

ただし、寿司やフライで食べるとオーバーカロリーになりますので、蒸し焼きやムニエルで食べることをおすすめします。

●バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴




バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

●筋トレと食事の基礎知識




下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

●人気のダイエット食品




なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク