【あんまんのカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例




あんまんはコンビ二などでも気軽に購入できる、冬の間食の代表的存在ですが、そのカロリー・栄養素をご紹介するとともに、ダイエットや筋トレの食品として考えた場合の最適な食べ方について解説します。

●あんまんとはどんな食べ物?


あんまんは、小麦粉をベースとした薄い皮に具を入れ、蒸し饅頭にした「中華まん」のなかでも、餡を具にした和風のアレンジ中華まんで、中華まんが日本に伝わった大正時代には、すでに餡を入れることが考案されていたといわれています。

なお、コンビ二では西日本では「粒あん」、東日本では「胡麻あん」が用いられるのが一般的です。

●あんまんのカロリー・栄養素


・とても純度の高い糖質食品


あたりのカロリー・栄養素

エネルギー:262kcal
タンパク質:6.18g (24.72kcal)
脂質:3.58g (32.22kcal)
炭水化物:50.1g (200.4kcal)

あんまんは、非常に純度の高い糖質食品であることがわかります。

※数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

●あんまんの目的別の食べ方


・バルクアップ筋トレの場合


トレーニング前に食べることで、あんまんの糖質を運動エネルギーとして使うことが可能で、トレーニングの前半においては消化の早い餡部分が、トレーニング終盤においては消化の遅い皮部分がそれぞれ時間差でグリコーゲンとなるので、長時間の筋トレ前に食べるととても効率的です。

・ダイエットの場合


あんまんは、非常に高カロリーですので、基本的にはダイエットには不向きな食品ですが、ダイエットトレーニングや運動の前に、少量摂取することで、適切な運動カロリーとすることも可能です。

●バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴




バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

●筋トレと食事の基礎知識




下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

●人気のダイエット食品




なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク