【肉まんのカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例




肉まんは寒い季節にコンビニなどでも人気の軽食ですが、そのカロリー・栄養素をご紹介するとともに、ダイエットや筋トレの食品として考えた場合の最適な食べ方について解説します。

●肉まんとはどんな食べ物?


肉まんは、中華まんの一種で、小麦粉・ベーキングパウダー・砂糖・酵母を水でこねて発酵させた皮で肉(主に豚肉)と野菜を包んだ後、蒸して仕上げた饅頭である

Baozi Chengdu.JPG

肉まんの起源は、中華料理の点心の一種である包子(パオズ)であるが、日本流の中華まんはこれよりもずいぶんとサイズが大きいのが特徴です。

●肉まんのカロリー・栄養素


肉まん1個100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:191kcal
タンパク質:6g (24kcal)
脂質:7.08g (63.72kcal)
炭水化物:24.66g (98.64kcal)

肉まんは、タンパク質と十分な筋肉合成カロリーを含むバランス食品であることがわかります。

※数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

●肉まんの目的別の食べ方


・バルクアップ筋トレの場合


肉まんは、タンパク質と十分な筋肉合成カロリーを含むため、筋肥大バルクアップ筋トレ後の軽食として有効です。

ただし、バランスとしてタンパク質が不足する傾向にありますので、高タンパク質低カロリーな他の食品と組み合わせて食べることをおすすめします。

・ダイエットの場合


肉まんは、ダイエットに欠かせないタンパク質を含むものの、カロリーが高い傾向にありますので、あまりダイエットに適しているとは言えません。食べるとしても、少量にとどめるなどの工夫が必要です。

●バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴




バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

●筋トレと食事の基礎知識




下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

●人気のダイエット食品




なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク