【筋トレに最適な温度(気温)】暑い日の冷房や寒い日の暖房について



日本には四季があり、春や秋などは筋トレをするのにもやりやすい温度(気温)です。

しかし、夏は暑くて筋トレをするスタミナが削られますし、冬は寒くて身体が動きづらいものです。

夏の暑い日に冷房を入れて筋トレしたり、冬の寒い日に暖房を入れてトレーニングするのは、はたして良いのでしょうか?

本記事では、そんな筋トレと温度(気温)について解説します。



■暑い日には冷房を入れるべき?

●冷房を入れて過度な発汗とミネラルロストを防ぐべき

clouds-429228_960_720.jpg

設備の整ったスポーツジムでは、夏は冷房が入っており気温も20度台後半に保たれていますが、根性論の残る道場系個人ジムや部活ジムなどでは、「汗を流したほうがよい」などの理由で、扇風機だけでトレーニング指導をしている場所も見受けられます。

結論から言えば、高温の室内で過剰に汗を流しながらトレーニングすることにメリットはありません。

まず、過剰な発汗によりミネラル分が流失し、筋肉がつったり、筋収縮の効率が落ちてしまい、強く追い込むような筋トレは不可能になります。

また、筋肉自体が筋収縮によって発熱しますので、気温が暑すぎると体内に熱がこもり、熱中症などの危険もあります。

そして、そもそも暑すぎると集中力を欠いたりスタミナが切れやすくなるので、暑いなかで我慢をしてトレーニングをすることには何の利点もありません。

なお、今でも強く残る誤解に「汗をかいたら痩せる」というものがありますが、暑いなかで筋トレをして大量発汗したとしても、一時的に流失した水分の重さだけ体重が減るだけで、体脂肪が減るわけではありません。

むしろ、冷房をかけたほうが気温と体温の差が広がるので、効率的に脂肪が燃焼します。
暑い夏場のトレーニングは、冷房をつけて筋肉が効率的に収縮できる環境で筋トレを行いましょう。

■寒い日には暖房を入れるべき?

●弱めに暖房を入れるのがよい

では、逆に真冬の寒い日には暖房を入れたほうがよいのでしょうか?

答は入れるべきです。

ただし、かなり弱めに暖房を設定するのがポイントになります。

温度(気温)が低いと、身体=筋肉・靭帯・関節は動きにくく、十分に暖まってない状態で無理にトレーニングを始めると怪我をするリスクが高まります。

また、セット間のインターバルで身体が冷えてしまうのも、同様に避けるべきです。

ですので、寒い日には暖房を入れ、しっかりとアップ運動をしてから筋トレを行いましょう。

また、セット間のインターバルでも過度に筋肉が冷えないように、ストレッチをしながら息を整えることをおすすめします。

なお、筋トレによって収縮した筋肉は発熱します。暖房が強すぎるとかえって暑くなりすぎでトレーニング効率が落ちてしまいます。

暖房はあくまで弱めにつけるのが重要です。

▼ストレッチなら

筋肉部位別ストレッチ方法|大胸筋・背筋・三角筋・上腕・大腿別に動画で解説


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク