【ゴルフの飛距離を伸ばすための筋トレ】下半身・体幹を中心とした自宅やジムでの鍛え方





ゴルフの飛距離を伸ばすための、自宅(自重・ダンベル・チューブ)での鍛え方・筋トレ方法を下半身・体幹を中心としたコンパウンド種目(複合関節運動)から厳選し、動画とともにやり方のポイントを解説します。

また、あわせてジムでの基礎筋力を養うための基本種目とそのやり方についてもご紹介します。



■ゴルフに必要な筋肉は?

●つま先から指先までだが特に下半身・体幹



ゴルフだけに限らず、およそ「手で打つ」という動作においては、インパクトの瞬間に足のつま先から手の指先まで全ての筋肉が連動し、シンクロする必要があります。

これは、ゴルフをはじめとして、テニス・野球のバッティングはもちろん、ボクシングやアームレスリングまで共通の要素で、つま先を初動とする下半身の動作が、体幹でロスすることなく肩関節・肘関節・手首関節を経由し、手に伝わらなくてはいけません。

ゴルフなど「手で打つ競技」において、「下半身で打つ」「腰で打つ」と表現されるのはこのためで、全身が連動していない肩から先だけの打ち方が「手打ち」と言われるのも同様です。

これら全身の連動は技術練習により習得するものですが、全身を連動させる技術があるという前提では、個々の筋力が高いほうが当然そのパフォーマンス・パワーは高くなります。

ゴルフの場合、肩から先の筋力は他の競技よりは必要でなく、動作の要となる下半身・体幹および腕から先で動作の連動をロスしないために肩(インナーマッスル)が重要になります。それら、ゴルフの飛距離を伸ばすために重要な筋肉は下記の通りです。

●大腿四頭筋

Quadriceps_hes_20170506180016f9c.png

・大腿四頭筋:大腿部前面の筋肉で、人体で最大の筋肉として下半身動作の主働筋として作用します。

・大腿四頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止



読みかた:だいたいしとうきん
英語名称:quadriceps
部位詳細:大腿直筋外側広筋内側広筋中間広筋
起始:腸骨下前腸骨棘・寛骨臼上縁大腿骨大転子外側面・転子間線・殿筋粗面大腿骨粗線内側唇大腿骨前外側面
停止:膝蓋骨上縁・脛骨粗面膝蓋骨上外側縁・頸骨粗面膝蓋骨上内側縁・脛骨結節膝蓋骨・頸骨粗面

●ハムストリングス

Pulled_Hamstring_2017050618020999b.png

・ハムストリングス:大腿部後面の筋肉群で大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋から構成され、大腿四頭筋の拮抗筋として下半身の動作を安定させる作用があります。

・ハムストリングスの英語名称・構造・部位詳細・起始停止



読みかた:はむすとりんぐす
英語名称:hamstrings
部位詳細:大腿二頭筋長頭大腿二頭筋短頭半膜様筋半腱様筋
起始:坐骨結節大腿骨粗線外側唇・外側筋間中隔坐骨結節坐骨結節内側面
停止:腓骨頭腓骨頭脛骨内側顆・斜膝窩靭帯脛骨粗面内側

●腹斜筋

Grays_Anatomy_image392_201705061803406b8.png

・腹斜筋:内腹斜筋と外腹斜筋から構成され、体幹を回旋させる作用があります。

・腹筋群の英語名称・構造・部位詳細・起始停止



読みかた:ふっきんぐん
英語名称:abdominal muscles
部位詳細:腹直筋外腹斜筋内腹斜筋腹横筋
起始:恥骨稜・恥骨結合・恥骨結節第5~12肋骨外面胸腰筋膜深葉・上前腸骨棘・鼡径靭帯・腸骨稜第7〜12肋軟骨内面・鼡頚靭帯・上前腸骨棘
停止:剣状突起・第5~7肋軟骨外面鼡径靭帯・腹直筋鞘前葉・腸骨稜外唇第10~12肋骨下縁・腹直筋鞘・精巣挙筋剣状突起・白線・恥骨

●回旋筋

Gray389.png

・回旋筋:腰部のインナーマッスルで対角線にある側の腹斜筋と連動収縮し体幹を回旋させる作用があります。

・長背筋群・脊柱起立筋の英語名称・構造・部位詳細



読みかた:せきちゅうきりつきん
英語名称:erector spinae muscle
部位詳細:腸肋筋最長筋棘筋
長背筋群=脊柱起立筋+多裂筋+回旋筋など

●回旋筋腱板

Gray412_20170506180511c03.png

・回旋筋腱板:ローテーターカフとも呼ばれる肩甲骨と上腕骨をつなぐインナーマッスル群で、棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋から構成され、球関節である肩関節の複雑化回旋運動をになっています。

ローテーターカフを鍛えるためには、インターナルローテーションとエクスターナルローテーションと呼ばれる特殊な筋トレを行う必要があり、主にトレーニングチューブを使って行います。

詳細は、下記の記事で詳しく解説していますので、ご参照ください。

▼関連記事

【肩のインナーマッスルのチューブ筋トレ】ローテーターカフ(回旋筋腱板)をゴムで鍛える方法

・ローテーターカフ(回旋筋腱板)の英語名称・構造・部位詳細



読みかた:かいせんきんけんばん
英語名称:rotator cuff
部位詳細:肩甲下筋棘下筋棘上筋小円筋

▼さらに詳しい筋肉図鑑

【筋肉名称デジタル図鑑】各部位の名前・作用・筋トレ方法(鍛え方)

■ゴルフのための筋トレ方法

●実戦に即したコンパウンド種目で鍛えるのが最適



筋トレには大きく二種類の運動があり、一つは複数の筋肉と関節を使って行う複合関節運動(コンパウンド種目)で、もう一つが単一の筋肉と関節のみを使って行う単関節運動(アイソレーション種目)です。

ゴルフのように全身の連動性が高次元で求められる種目の筋トレ方法としては、コンパウンド種目のなかでも全身の筋肉を同時に使う種目が最適です。

■ゴルフの筋トレの頻度

●年齢により週一回~二回が適切

20170503103602093.jpg

通常の筋トレは、筋肉の回復に最大72時間が必要なことから、全身の筋肉をグループ分けし、一週間をかけて部位別にローテーションして鍛える部位分割法(スプリットトレーニング)が一般的です。

しかし、ゴルフのための筋トレは全身の筋肉を一度に使う全身コンパウンド種目が主体となるため、筋トレと筋トレの間隔は最低72時間はあける必要があります。

また、筋肉の回復時間は年齢とともに長くなりますので、10代~30代前半で週二回、30代後半以降は週一回の頻度で筋トレを行うのが適切です。

■ゴルフの飛距離が伸びる筋トレ

●一日の具体的な筋トレメニュー

graph-963016_960_720_20170506181527455.png

それでは、ここからは具体的な一日の自宅筋トレメニューを、正しい筋トレの順番に従って例示していきます。

なお、セット数は目安ですので体力に合わせて増減していただいてかまいませんが、1セットの反復回数は最も効率的に各筋繊維を鍛えるために設定していますので、例示のとおり行ってください。

①プッシュアップジャンプ:15回×2セット



全身を動員するコンパウンド種目として、器具がいらず手軽なのが、自重トレーニングのプッシュアップジャンプです。

最大のポイントは、腕立て伏せの後につま先を前に出す動作の時に、つま先が膝より前になるように動作することです。

つま先が後ろ気味のまま立ち上がると、膝関節に大きな負担がかかるので十分注意してください。

②ダンベルスクワットプレス:15回×2セット



ダンベルを使って全身の筋肉を一度に鍛えられる種目が、ダンベルスクワットプレスです。

ダンベルを頭上に押し上げながら、同時に立ち上がるやり方のほうが強度が高いですが、きつく感じる方は、立ち上がってからダンベルを頭上に上げる分割動作で行いましょう。

なお、こちらも膝関節保護のために、常に膝はつま先より後ろになるように動作してください。

③チューブウッドチョップ:片側20回×1セット



チューブウッドチョップは、全身の筋肉を連動させながら、体幹の回旋力に重要な腹斜筋と回旋筋を鍛えられる種目です。

チューブを固定する高さによって、さまざまな軌道での回旋力を鍛えられますが、ゴルフのためには下から上へ回旋する軌道で行うのが、競技動作に近く実戦的です。



また、ダンベルを使ってウッドチョップ動作を鍛えることも可能です。

④インターナルローテーション



インターナルローテーションはローテーターカフのなかでも、唯一肩甲骨前面に位置する肩甲下筋に高い効果のあるトレーニング種目です。

反動を使うと、大胸筋や三角筋といった表層の筋肉に負荷が逃げてしまいますので、しっかりと肘の位置を固定し、肩関節の回旋だけで動作を行ってください。



また、ダンベルを使ってインターナルローテーションを行うこともできます。

⑤エクスターナルローテーション



エクスターナルローテーションはローテーターカフ(回旋筋腱板)のなかでも肩甲骨背面に位置する棘上筋・棘下筋・小円筋に効果のあるチューブトレーニングです。

反動を使うと、僧帽筋や広背筋などの背面の表層筋に刺激が逃げてしまいますので、しっかりと肘を固定するのがポイントです。



エクスターナルローテーションもダンベルで行うことが可能です。

■ゴルフのための基礎筋トレ

●全身を3つのグループに分けて基礎筋力を鍛える

ここまでは、実践的で即効性のある筋トレ方法を解説してきましたが、やはりゴルフの飛距離を伸ばし、総合的に競技能力を高めるためには全身の基礎筋力を鍛えていく必要があります。一般的なウエイトトレーニングでは、全身の筋肉をその作用と連動性から3つのグループに分けて鍛えていくのが通常ですが、ゴルフのための筋トレにおいても、これは例外ではありません。

●上半身の押す筋肉(大胸筋・三角筋・上腕三頭筋)

pushmuscle_20170527111132811.png

上半身の押す動作を行う作用を持つのが、大胸筋・三角筋・上腕三頭筋の三つの筋肉です。腕立て伏せやダンベルプレスなど、押す動作のトレーニングで強化することが可能です。

●上半身の引く筋肉(僧帽筋・広背筋・上腕二頭筋)

pullmuscle_201705240531198f8.png

上半身の引く動作を行う作用を持つのが、僧帽筋・広背筋・上腕二頭筋の三つの筋肉です。懸垂系やダンベルデッドリフトなど、引く動作の筋トレで鍛えることが可能です。

●下半身の筋肉(大腿四頭筋・ハムストリングス)

kahansin_20170706185503572.jpg

下半身の筋肉の中でも、太もも前面の大腿四頭筋と太もも後面のハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)は、競技能力向上に大きく関わる筋肉です。スクワットやダンベルスクワットで鍛えることができます。

それでは、次の項目からは、これら三つの筋肉グループを的確に鍛えるための筋トレ種目を、自宅でできる自重トレーニング・ダンベル筋トレ、ジムで行うマシントレーニングからご紹介していきます。

■自宅での体幹&自重トレーニング

●フロントプランク



自重トレーニング以前の基本=基礎体力向上として行いたいのが体幹トレーニングですが、フロントプランクは体幹前面全体に効果の高い方法です。背すじを真っ直ぐ伸ばし、まずは30秒停止から始め、最終的には2分停止ができることを目指して行ってください。

●サイドプランク



体幹側面に効果の高いトレーニング方法がサイドプランクです。こちらも、まずは30秒停止から始め、最終的には2分停止ができることを目指して行ってください。

●アームレッグクロスレイズ



体幹背面全体に効果の高い体幹トレーニングがアームレッグクロスレイズです。必要以上に手足を上げず、水平位置で10秒停止を行い、左右あわせて20回の反復を目標に行ってください。

●腕立て伏せ

Push-ups-3-1_201705221939118f9.png

自宅で簡単に上半身の押す筋肉グループを鍛える、代表的な筋トレメニューが腕立て伏せです。手幅は肩幅よりもやや広く置き、背すじを真っ直ぐにして行うことがポイントです。

【本種目のやり方とコツ】

1:肩幅より少し広く手を置き、肩甲骨をしっかりと寄せ、背すじを真っ直ぐにして構えます

2:肩甲骨を寄せたまま、背すじも真っ直ぐに保って身体を下ろしていきます

3:身体を下ろしたら、反動を使わずに肘を伸ばして身体を押し上げます

4:身体を押し上げたら、やや顎を引いて大胸筋を完全に収縮させます

5:動作中は、お腹を突き出したり、腰を曲げたりしないように注意します

●斜め懸垂



懸垂は上半身の引く筋肉グループに対して非常に高い効果のあるトレーニング方法ですが、懸垂を筋トレとして適切な回数=10回前後できる人は少ないものです。ですので、一般的には、懸垂よりはやや強度の低い「斜め懸垂」がおすすめです。特別な器具がなくても、テーブルの下に仰向けに潜り、テーブルの縁を持って行うこともできます。

1:肩幅よりやや広く懸垂バーを握って構えます

2:上を見て、肩甲骨を寄せながら肘を曲げて身体を引き上げます

3:肘が直角になるまで身体を引き上げたら、肩甲骨をしっかりと寄せて背筋群を完全に収縮させます

4:ある程度、筋肉でコントロールしながら身体を下ろし、再び身体を引き上げていきます

●自重スクワット



下半身を総合的に鍛えることができ、「キングオブトレーニング」とも言われる種目がスクワットです。スクワットは簡単なようで、正しく効果的なフォームは意外と難しいので図説で解説します。



この図は、スクワットの正しいフォームを模式的にあらわしたものですが、そのポイントは以下の通りです。

・胸を張る

・背中を反らせる

・お尻をつきだす

・膝をつま先より前に出さない

・やや上を見る

・斜め後ろにしゃがむ

これらのことを意識して行えば、正しいスクワットのフォームになりますが、さらにわかりやすく一言であらわせば、「椅子に座って立つ動作」ということもできます。

【本種目のやり方とコツ】

1:背すじを真っ直ぐにし、足を肩幅程度に開いて構えます

2:胸を張り、膝がつま先よりも前に出ないように、お尻を突き出しながら少し斜め後ろにしゃんでいきます

3:太ももが床と平行になるまでしゃがんだら、背中が丸まらないように注意して、上を見ながら立ち上がります

■自宅でのダンベルトレーニング

●ダンベルプレス



大胸筋上半身の押す筋肉のダンベルトレーニングのメインとなるのがダンベルプレスです。肩甲骨をしっかりと寄せて動作を行うことがポイントです。なお、ベンチ類がない場合は、床で行っても一定の効果はありますが、可動範囲が狭くなる分、効果は低めになります。

【本種目のやり方とコツ】

1:ベンチに仰向けになり、肩甲骨をしっかりと寄せ、胸の上にダンベルを上げて構えます

2:肩甲骨を寄せたまま、ダンベルを下ろしていきますが、肩のラインよりも頭側には下ろさないように注意します

3:ダンベルをできるだけ深く下ろしたら、肩甲骨を寄せたまま、腰を浮かせないように注意してダンベルを押し上げます

4:ダンベルを押し上げたら、軽く顎を引いて大胸筋を完全に収縮させます

●ダンベルデッドリフト



ダンベルショルデッドリフトは僧帽筋や広背筋中央部だけでなく、脊柱起立筋にも効果の高い総合的なダンベル背筋トレーニングです。腰を丸めて動作をすると高い確率で腰痛を引き起こしますので十分に注意をし、必ず胸を張って背中をそらせるようにしてください。

【本種目のやり方とコツ】

1:胸を張って背すじを真っ直ぐにし、腕を伸ばしてダンベルを持って構えます

2:膝がつま先よりも前に出ないように注意し、お尻を突き出して前傾姿勢を作りながらダンベルを床に下ろしていきます

3:ダンベルを床に着く直前まで下ろしたら、同じ軌道で立ち上がりながらダンベルを引き上げていきます

4:ダンベルを引き上げたら、肩甲骨をしっかりと寄せて背筋群を完全に収縮させます

●ブルガリアンスクワット



自宅で、高強度で下半身を鍛えることが可能なのが、ブルガリアンスクワットと呼ばれる足を前後に開いたスクワットです。ダンベルを両手に保持することでさらに強度は高まります。前にした足を主体に動作を行うと大腿四頭筋に、後ろにした足を主体に動作を行うとハムストリングスに効果が集中します。

【本種目のやり方とコツ】

1:片足を大きく前に、片足を後ろの台に乗せて構えます

2:膝がつま先よりも前に出ないように注意し、少し斜め後ろにしゃがんでいきます

3:前の脚の太ももが床と平行になるまでしゃがんだら、後ろの脚に力を入れて元の位置まで立ち上がります

■ジムでのマシントレーニング

●マシンチェストフライ



マシンチェストプレスは、手が肩より上になると肩関節に負担がかかり、怪我や故障の原因になりますので注意が必要です。また、戻す時にもしっかりと効かせるのがポイントです。

【本種目のやり方とコツ】

1:グリップが肩関節よりも下になるようにシート高を調整します

2:マシンに座り、肩甲骨を寄せてバーをグリップします

3:肩甲骨を寄せたまま、腕を前に押し出します

4:腕を前に押し出したら、少し顎を引いて大胸筋を完全に収縮させます

5:ゆっくりと筋肉に負荷をかけながら元に戻ります

●ケーブルローイング



僧帽筋や広背筋中央部に対して効果的なケーブルトレーニング種目が、ケーブルローイングです。上体を倒しすぎず引くことと、引ききった時に顎を上げて肩甲骨を寄せるのが効果を高めるコツです。

【本種目のやり方とコツ】

1:シートに座り、前傾姿勢になり、腕を伸ばした状態でバーをグリップして構えます

2:上半身が床と直角になるまで、腕を伸ばしたまま上半身を起こします

3:上半身を起こしたら、後ろに傾けないように注意し、肘を曲げてバーを引き寄せていきます

4:バーをお腹の位置まで引き寄せたら、引くときとおなじ軌道・フォームでゆっくりと筋肉に負荷をかけながら元に戻ります

●レッグプレス



ジムでマシンを使って下半身を鍛えるのにおすすめなのがレッグプレスです。マシンを押す時に、つま先ではなくかかとで押すようにすることが大切なポイントです。

【本種目のやり方とコツ】

1:つま先より上の膝がこないようにシートを調整して構えます

2:膝を伸ばしてフットプレートを押し上げます

3:膝が完全に伸びるまでフットプレートを押し上げたら、ゆっくりと筋肉に負荷をかけながら元に戻ります


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



スポンサーリンク