【女性の自重ダイエット筋トレメニュー】ジムに行かずに家ですぐできる一週間のプログラム例




自宅ですぐに取り組める、女性のためのダイエット自重トレーニングメニューを解説するとともに、一週間の具体的なプログラムを例示解説します。

smartphonetitle.jpg


なお、本記事では下記の公的サイトの情報に基づき記載をしております。

▼運動プログラム作成の原理原則

運動プログラム作成のための原理原則 -安全で効果的な運動を行うために






本記事は株式会社ONIより提供されています

■ダイエット筋トレの有効性

●運動していない時でもカロリー消費が発生し続ける



筋トレを行うと筋肉痛になり、それを回復させるために数日間は基礎代謝カロリーの消費量が向上します。

運動している時にしかカロリー消費のおきない有酸素運動などより、はるかにダイエットに適した運動です。

●自重トレーニングダイエットのメリット

自重トレーニングの最大のメリットは、器具がなくてもいつでもどこでもできる、という手軽さです。そして、思い立ったらすぐに始められるので「痩せよう!」という気持ちが熱いうちにダイエットをスタートできます。

これまで、筋トレの経験のない女性も多いと思いますが、まずは、何も入らないのでやってみましょう。

■ダイエット筋トレの反復回数

●20回を1セットの目安に遅筋をターゲットにする



筋トレ、という言葉を聞くと、どうしても女性はムキムキになってしまうのでは?

と不安になりがちですが、筋肥大を起こす筋肉は速筋と呼ばれる瞬発運動に使われる筋肉で、トレーニングでは15回以下の強い負荷で鍛えます。

ダイエット筋トレでは、速筋を刺激することを避け、筋肥大しない遅筋(持久筋)を20回以上の低負荷高反復回数で刺激していきますので、ムキムキになることはありません。

■ダイエット筋トレの呼吸法

●力を入れる時に口から吐き戻ってから鼻から吸う



筋トレのような運動は、無酸素運動と呼ばれる筋細胞内のグリコーゲンを直接燃焼させますが、ダイエット筋トレのように多い反復回数で行う場合には、有酸素運動の要素もくわわります。

ダイエット筋トレ時に同時発生する有酸素運動を、より効果的にするためには腹式呼吸が有効で、このためには「鼻から吸って口から吐く」呼吸を行うだけで、自然と腹式呼吸になります。

なお、筋肉は息を吐く時に収縮する(力が入る)特性があります。ダイエット筋トレにおいては、力を入れながら口から息を吐き、元のポジションに戻ってから鼻から息を吸う、というのが最も効率的な呼吸方法です。

■ダイエット筋トレの頻度

●週四回全身を部位分けしてローテーションするのがベスト



筋トレをすると筋肉痛になり、それが回復する時の代謝エネルギー上昇を利用して痩せるのが、ダイエット筋トレの基本メソッドですが、1日に全身をトレーニングしてしまうと、筋肉痛がおさまるまで数日間は筋トレを行えません。

これでは、かなり非効率です。

そこで、全身の筋肉を動きの連動性によってグループ分けし、一週間をかけてローテーションでトレーニングをしていくのが効率的です。

ダイエット筋トレに相性のよい分割方法は、全身を四つのグループに分け、それぞれ週に1回ずつ、週に4回のトレーニング頻度で筋トレを行っていく方法です。

■全身の部位のグループわけ



それでは、具体的に全身の筋肉を部位分けしていきましょう。

①上半身の押す筋肉
・大胸筋:胸の筋肉
・三角筋:肩の筋肉
・上腕三頭筋:二の腕後側の筋肉

②上半身の引く筋肉
・僧帽筋:首の後ろの筋肉
・広背筋:背中の筋肉
・上腕二頭筋:二の腕前側の筋肉

③体幹の筋肉
・腹筋群:お腹の筋肉
・長背筋:背骨沿いの筋肉

④下半身の筋肉
・大腿四頭筋:太もも前側の筋肉
・ハムストリングス:太もも後側の筋肉
・臀筋群:お尻の筋肉
・下腿三頭筋:ふくらはぎの筋肉

なお、さらに詳しい筋肉の名称と作用は以下の筋肉名称図鑑をご参照ください。

▼筋肉名称完全図鑑

【筋肉名称デジタル図鑑】各部位の名前・作用・筋トレ方法(鍛え方)

■上半身の押す筋肉の自重トレーニング

●膝つき腕立て伏せ



大胸筋を中心として上半身の押す筋肉全体に効果の高い自重トレーニングは腕立て伏せですが、おそらく多くの女性が20回はできないでしょう。

そこで腕立て伏せのかわりとして有効なトレーニングが動画のような膝つき腕立て伏せです。

バストアップ効果も考えた場合、大胸筋上部に効くように、身体を斜め後ろに押し上げる軌道で動作すると効果的です。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①肩幅より少し広く手を置き、肩甲骨をしっかりと寄せ、背すじを真っ直ぐにし、膝をついて構えます

②肩甲骨を寄せたまま、背すじも真っ直ぐに保って身体を下ろしていきます

③身体を下ろしたら、反動を使わずに肘を伸ばして身体を押し上げます

④身体を押し上げたら、やや顎を引いて大胸筋を完全に収縮させます

⑤動作中は、お腹を突き出したり、腰を曲げたりしないように注意しましょう

●パイクプッシュアップ



パイクプッシュアップは、三角筋に効果的な腕立て伏せのバリエーションで、腰を大きく曲げたまま斜め後ろに身体を押し上げるように動作します。

肘が肩より背面側にくると肩を痛めますので注意してください。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①手を肩幅よりも少し広く置いて、肩甲骨をしっかりと寄せ、腰を大きく曲げて構えます

②肩甲骨を寄せたまま、斜め前方に身体を下ろしていきますが、肘が身体の後ろ側に入らないように注意します

③肘が直角になるまで身体を下ろしたら、肩甲骨を寄せたまま、反動を使わずに斜め後ろに身体を押し上げます

●ベンチディップス



ベンチディップスは二の腕裏側(上腕三頭筋)を刺激するのに最適な自重トレーニングです。肘を開かないように注意して動作することで、より上腕三頭筋への効果が高まります。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①身体の後ろ側で手をつき、肩甲骨をしっかりと寄せて構えます

②肘が開かないように脇をしめ、身体を真下に下ろしていきます

③上腕が床と並行になるまで身体を下ろしたら、肩甲骨を寄せたまま、同じ軌道で元に戻ります

●バランスボール斜め腕立て伏せ



腕立て伏せ系の種目が、筋力的に上手くできない方には、バランスボールの反発力を補助に使った腕立て伏せをおすすめします。

特に、このような斜め腕立て伏せだと筋力が弱くても、しっかりと大胸筋に効かせることが可能です。

●バランスボール腕立て伏せ



バランスボールに慣れてきたら、この動画のようにバランスボールの上にのって腕立て伏せを行いましょう。

軌道としてバストアップに効果的な大胸筋上部を刺激するの動作方向になります。

■上半身の引く筋肉の自重トレーニング

●斜め懸垂



斜め懸垂は女性も簡単に取り組め、上半身の引く筋肉全体に効果の高い自重トレーニングです。

胸を張り、肩甲骨を寄せていくイメージで動作してください。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①机の下に入り、縁をつかんで構えます

②肩甲骨を寄せながら、肘を曲げて身体を引き上げていきます

③肘が直角になるまで身体を引き上げたら、肩甲骨をしっかりと寄せて背筋群を完全に収縮させます

④ある程度は筋肉でコントロールして身体を元の位置まで戻し、再び身体を引き上げていきます

●ドア斜め懸垂



この動画のように、シーツをドアに挟むことで簡易的な斜め懸垂装置にすることも可能です。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①ドアにシーツを挟み、身体が好みの角度に倒れる位置でシーツを掴んで構えます

②肩甲骨を寄せながら、肘を曲げて身体を引き上げます

③肘が直角になるまで身体を引き上げたら、肩甲骨をしっかりと寄せて背筋群を完全に収縮させます

④ある程度は筋肉でコントロールして身体を元の位置まで戻し、再び身体を引き上げていきます

■体幹の筋肉の自重トレーニング

●クランチ



クランチは腹直筋上部の引き締めに効果の高い自重トレーニングです。息を吐きながら身体を曲げていき、最後に息を吐ききり腹筋を最大収縮させるのがポイントです。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①床に仰向けになり、膝を直角に曲げて構えます

②反動を使わないようにし、息を吐きながら上半身を起こしていきます

③上半身を起こしたら、息を全て吐いて顎を引き、腹筋群を完全に収縮させます

④ゆっくりと筋肉に負荷をかけながら元に戻ります

⑤背中を反らして反動・勢いを使わないよう注意し、再び上半身を起こしていきます

●レッグレイズ



レッグレイズは腹直筋下部に刺激を集中できるトレーニング方法です。セット中は床に足をつけないようにきをつけましょう。

また、反動を使うと腰を痛めますので、しっかりとコントロールした動作で行ってください。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①床に仰向けになり、足を床から少し浮かせて構えます

②息を吐きながら、脚を床から45度程度まで上げます

③脚を上げたら、息を全て吐いて顎を引き、腹筋群を完全に収縮させます

④ゆっくりと筋肉に負荷をかけながら元に戻ります

⑤足は床につけず、また、反動も使わずに再び足を上げていきます

●四の字クランチ



四の字クランチは、腹筋のなかでも腹斜筋に効果的な自重筋トレでし。しっかりと横腹を意識して収縮させてください。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①床に仰向けになり、膝を組んで構えます

②息を吐きながら上半身を起こしていきます

③上半身を起こしたら、対角線の肘と膝がつくように身体を捻り、息を全て吐いて腹斜筋を完全に収縮させます

④ゆっくりと筋肉に負荷をかけながら元に戻ります

●バックエクステンション



バックエクステンションは腰まわりの筋肉(脊柱起立筋)に効果の高い自重トレーニングで、女性の美姿勢作りには欠かせない種目です。

反動を使うと腰を痛めますので、しっかりとコントロールした動作で行ってください。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①床にうつ伏せになり構えます

②上半身をゆっくりと起こします

③筋力でコントロールしながら元に戻ります

④反動を使わずに、再び上半身を起こしていきます

●バランスボールクランチ



腹筋運動が苦手な方でも、バランスボールを使ってクランチを行えば、ボールの反発力が動作の補助に働くので、比較的簡単に取り組むことができます。

●バランスボールバックエクステンション



バランスボール上でのバックエクステンションは、その不安定な動作の補助になかで体幹インナーマッスルも同時に刺激することが可能です。

■下半身の筋肉の自重トレーニング

●スクワット



自重スクワットは下半身トレーニングの基本となる種目です。正しい動作を一言で表現すると「椅子に座り立ち上がる動」になります。

具体的には以下の通りです。

・胸を張り背中をやや反らせる
・やや上を見て動作する
・膝がつま先より前に出ないようにする

なお、動作がやりづらい場合は、かかとに板などを当てて行ってください。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①背すじを真っ直ぐにし、足を肩幅程度に開いて構えます

②胸を張り、膝がつま先よりも前に出ないように、お尻を突き出しながら少し斜め後ろにしゃんでいきます

③太ももが床と平行になるまでしゃがんだら、背中が丸まらないように注意して、上を見ながら立ち上がります

●フロントランジ



フロントランジは、太もも裏側(ハムストリングス)を中心に効果の高い、女性のヒップアップには欠かせない種目です。

基本的な注意点は、通常のスクワットと同様ですが、太もも裏側に効かせたい場合は後ろにした足を主働で動作を行ってください。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①背すじを真っ直ぐにし、足を前後に開いて構えます

②前にした脚の膝がつま先より前に出ないように注意し、腰を下ろしていきます

③前にした脚の太ももが床と並行になるまでしゃがんだら、後ろの脚に力を入れて立ち上がります

●サイドランジ



サイドランジは、太もも内側のインナーマッスルである内転筋群に効果的で、太ももの引き締めに有効です。
反動を使わないように気をつけて動作を行い、しっかりと効かせてください。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①背すじを真っ直ぐにし、足を大きく左右に開いて構えます

②片側の足を曲げ、腰を横に下ろしていきます

③曲げたほうの足の太ももが床と並行になるまで下がったら、伸ばしたほうの脚で身体を引き寄せるようにして元に戻ります

④身体を元に戻したら、反対側の足を曲げて逆方向に腰を下ろしていきます

●バックレッグリフト



バックレッグリフトは、お尻の筋肉・臀筋群に効果が高く、女性のヒップアップに重要な種目です。

足を高く上げることにこだわらず、遠くへ真っ直ぐ上げる意識で行ってください。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①肘と膝をついてうつ伏せになり、背すじを伸ばして構えます。

②片側の脚を膝を曲げないように注意して、斜め後方に真っ直ぐに上げます

③脚を伸ばしたら、つま先も伸ばしてハムストリングスと大臀筋を完全収縮させます

④元に戻り、もう片側の脚を同様に上げていきます

●カーフレイズ



カーフレイズはふくらはぎ(下腿三頭筋)の引き締めに有効な種目ですが、他の部位のトレーニングと違い、50~100回の高反復回数で行ってください。

【本種目のやり方とフォームのポイント】

①台などの上にかかとを出して構えます

②しっかりとつま先立ちをし、下腿三頭筋を完全収縮させます

③ある程度スピードをコントロールし、効かせながら元に戻ります

●バランスボールスクワット



バランスボールスクワットは、ボールの回転力を補助に使い、比較的簡単にスクワット運動ができる種目です。また、通常のスクワットよりも太もも前側に負荷がかかります。

●バランスボールレッグカール



バランスボールレッグカールは、やや難易度の高いトレーニングですが、太もも裏側からお尻にかけての筋肉に効果が高く、ヒップアップにとても有効な種目です。

●バランスボールアダクション



バランスボールアダクションは、ボールの反発力を負荷に使うことで、内もも(内転筋群)を自宅で鍛えられる数少ないエクササイズです。

■一週間のダイエット筋トレの組み方



この項目では、これまでご紹介してきたダイエット筋トレメニューを、効率的な一週間の四分割プログラムに組んで例示・ご紹介します。なお、セット数は目安ですので、体力に合わせて増減させてください。また、メニューの順番は正しい筋トレの順番を考慮して、大きな筋肉から小さな筋肉の順にしていますので、番号順にこなしていくのが最適です。

また、通常の自重トレーニング種目のかわりにバランスボール種目を行ってもかまいません。

※例:膝つき腕立て伏せ→バランスボール腕立て伏せ

●月曜日のダイエット筋トレ:上半身の押す筋肉



①膝つき腕立て伏せを3セット
②パイクプシュアップを2セット
③ベンチディップスを2セット

●火曜日のダイエット筋トレ:体幹前面の筋肉



①クランチを2セット
②レッグレイズを2セット
③四の字クランチを2セット

●木曜日のダイエット筋トレ:下半身の筋肉



①自重スクワットを2セット
②フロントランジを2セット
③サイドランジを2セット
④カーフレイズを2セット

●金曜日のダイエット筋トレ:上半身の引く筋肉



①斜め懸垂を3セット
②バックエクステンションを3セット

■ダイエット筋トレの食事メニュー



ダイエット筋トレの基本メソッドは、筋肉を活発に新陳代謝させてカロリー消費を高めることです。

このためには、筋肉の材料となるタンパク質の摂取がかかせません。ですので、ダイエット筋トレ中は、脂肪の少ない肉類(赤身肉や皮なし鶏肉)、白身魚、大豆製品などをしっかりと食べるようにしてください。

材料が不足すると、新陳代謝のメカニズムが上手く作用せず、ダイエット効果が得られません。

そして、炭水化物や脂質をカットしていきカロリー制御を行ってください。

■自重ダイエット筋トレにおすすめのグッズ

●おすすめのプッシュアップバー

20170527113625573.jpg

腕立て伏せ系のトレーニングをするのに、ぜひとも用意したいのがプッシュアップバーです。手首を真っ直ぐに保てるので関節を保護できるだけでなく、動作の可動域自体が広がるため、トレーニングの効果が倍増します。

筆者のジムで実際に使っているものが、こちらのプシュアップバーで、傾斜がついているため置き方やグリップ方法によって効果のある部位を変えることが可能です。

▼当ジムで実際に使用しているプッシュアップバー

おすすめのプッシュアップバー|当ジムで実際に使用しているタイプをご紹介

●自宅用懸垂器具|簡易型~本格派まで



自宅用で懸垂を行うためには懸垂器具が必要ですが、本格的な懸垂器具(チンニングラック)から簡易懸垂器具(ドアジムタイプ)までさまざまなタイプがあります。

▼おすすめの自宅懸垂器具

おすすめの自宅懸垂器具|簡易ドア設置型から本格チンニングラックまで

■全自重筋トレ種目一覧

●胸の筋肉の筋トレ

腕立て伏せ
膝つき腕立て伏せ
斜め腕立て伏せ
足上げ腕立て伏せ
ヒンズープッシュアップ
バランスボール腕立て伏せ

●肩の筋肉の筋トレ

パイクプッシュアップ

●二の腕(後側)の筋トレ

ナロープッシュアップ
ダイヤモンド腕立て伏せ
ベンチディップス

●背中の筋肉の筋トレ

斜め懸垂
バックエクステンション
スーパーマンバックエクステンション
バランスボールバックエクステンション

●お腹の筋肉の筋トレ

カールアップクランチ
レッグレイズ
四の字クランチ
ロシアンツイスト

●太もも(前側)の筋トレ

自重スクワット
バランスボールスクワット

●太もも(後側)の筋トレ

ブルガリアンスクワット
フロントランジ

●太もも(内側)の筋トレ

ワイドスクワット
サイドランジ

●お尻の筋肉の筋トレ

バックレッグリフト

●ふくらはぎの筋トレ

カーフレイズ


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

スポンサーリンク