【いわなのカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例



いわなは上品な味わいの渓流魚で、その希少性とあいまって「渓流の王様」とも呼ばれる高級淡水魚で、塩焼きや唐揚げで食べられます。そのカロリー・栄養素をご紹介するとともに、ダイエットや筋トレの食品として考えた場合の最適な食べ方について解説します。

●いわなとはどんな食べ物?

イワナは、サケ科に属する淡水魚ですが、日本よりも北方地域では他のサケ科魚類同様に海に下りる回遊性を持っています。日本に生息するイワナのほとんどは陸封型で、海に下りることはないとされています。

イワナには地域によってアメマス(北海道)、ニッコウイワナ(東北・関東)、ヤマトイワナ(中部・近畿)、ゴギ(中国地方)の4つの亜種に分類されていますが、食品としては大差はありません。

●いわなのカロリー・栄養素

いわな1尾80gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:91kcal
タンパク質:15.2g (60.8kcal)
脂質:2.88g (25.92kcal)
炭水化物:0.08g (0.32kcal)

いわなは非常に高タンパク質低カロリーで、ダイエットや筋トレにとって優秀な食材であることがわかります。

※数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

●いわなの目的別の食べ方

・バルクアップ筋トレの場合

いわなは高タンパク質低カロリーで優秀なタンパク質食品ですが、筋肥大バルクアップ筋トレでは筋肉合成カロリーが不足しますので、唐揚げにするか倍量のご飯とともに食べるとよいでしょう。

・ダイエットの場合

いわなは高タンパク質低カロリーで、ダイエットに適した食材ですが、唐揚げにするとカロリーオーバーになりますので、塩焼きで食べるようにするとよいでしょう。

●バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴



バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

●筋トレと食事の基礎知識



下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

●人気のダイエット食品



なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説



スポンサーリンク

※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。



アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店