Search

【筋トレ後におすすめの牛めし】もも赤身肉を使った簡単時短料理レシピのご紹介



牛もも赤身肉を使った牛飯は、高タンパク質低カロリーな上、筋肉合成に重要な働きをするミネラル分も豊富なため、筋トレ後の食事に最適な食事メニューの一つです。その簡単時短の作り方料理レシピをご紹介します。


●牛もも赤身肉のカロリー・栄養素

・高タンパク質低カロリーでミネラルが豊富



こちらが今回の材料です。オージービーフのもも赤身肉と白ネギだけとシンプルです。

タンパク質源である牛もも赤身肉のカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:140kcal
タンパク質:22.5g (90kcal)
脂質:4.6g (41.4kcal)
炭水化物:0.5g (2kcal)

高タンパク質低カロリーで、筋トレ後の食材として非常に優秀であることがわかります。また、筋肉合成に重要な亜鉛・鉄分などのミネラル成分も豊富に含んでいます。

●もも赤身肉の牛めしの作り方レシピ

・ダシを加えるのが旨味のポイント



まずは牛もも赤身肉の下ごしらえです。肉に白ネギを加え、塩コショウで味付けします。



よく混ぜて味をなじませます。



下ごしらえができたら、肉をフライパンで焼いていきますが、この時にダシの素を加えるのが旨味のポイントです。

牛もも赤身肉は、脂の多い他の部位の牛肉よりかなり淡白ですので、風味を追加することで美味しく仕上がります。



焼き上がりました。



肉の準備ができたら、器に野菜とご飯を盛り付けます。



肉を乗せて完成です。簡単に時短で作れて美味しく、筋トレ効果も高まる料理ですので、是非チャレンジしてみてください。



スポンサーリンク



※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

トップ競技者が開発・選定する高品質ギア


話題の最新進化型グリップ販売開始

話題の最新進化型グリップ販売開始





スポンサーリンク


アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店

話題の新ブランド

当サイトでは、北米に大きなシェアを持ち、リーズナブルな価格ながら高品質で知られる「LARA★STAR」製品を取り扱っています。
LARA★STAR製品一覧はこちら

ヨーロッパ発世界ブランド