スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

サイト内検索

【筋トレ効果最強のステーキ】赤身牛肉+ウナギのタンパク質・ビタミン・ミネラルを活用



筋トレの効果を最大にするステーキ=赤身牛肉+ウナギのコラボ焼きをご紹介します。

赤身牛肉ステーキ+ウナギの材料



こちらが、今回の材料の赤身牛肉ステーキ(アンガス牛)とウナギです。それぞれ100gあたりのカロリー・栄養素は以下のようになります。

赤身牛肉100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:180kcal
タンパク質:19g (76kcal)
脂質:10.6g (95.4kcal)
炭水化物:0.1g (0.4kcal)

うなぎ100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:293kcal
タンパク質:23g (92kcal)
脂質:21g (189kcal)
炭水化物:3.1g (12.4kcal)

いずれも、タンパク質が非常に豊富なだけでなく、十分な筋肉合成カロリーを含んでおり、筋肥大バルクアップに最適であることがわかります。

また、牛肉はタンパク質代謝にも重要な亜鉛などのミネラル分を、ウナギはビタミンB群を豊富に含んでおり筋トレの効果を最大にする食事の一つと言えます。

赤身牛肉ステーキ+ウナギの焼き方



まずは、フライパンに塩コショウをして空煎りします。これにより、コショウが焙煎されて風味が高まります。



ステーキを焼くときは、テフロン加工のフライパンで油を使わずに焼くのがおすすめです。その理由として、一つは無駄にカロリーを上げないこと、もう一つは牛脂以外の油を混ぜると雑味が入り、肉の旨みが損なわれることです。



焙煎した塩コショウを表面に回収しつつ、しっかりと赤身牛肉の両面を焼きます。



赤身牛肉ステーキがレアに焼きあがったら、ウナギを乗せ、弱火にして蓋をして蒸し焼きにします。



焼きあがりました。とても良い香りが食欲をそそります。



焼きあがったステーキをお皿に移し、熱いうちにいただきます。



なお、ステーキとあわせてサラダなどの野菜もしっかりと食べることをおすすめします。



簡単に作れ、とても美味しくて筋肥大効果も最大クラスですので、是非お試しください。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

スポンサーリンク

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

北米に続き日本でもブレイク開始

マシン筋トレの疑問を解決する人気記事

自宅トレーニングに必要不可欠な器具は

執筆アスリート陣がリピートしている食材

スポンサーリンク
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24 ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan