スマホ最適化・高速表示低パケットサイト
SuperFitness for Power+Health,ExpertSite

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

サイト内検索

【筋トレ向きカニカマ炒飯】高タンパク質低カロリー化した作り方レシピ



高タンパク質低カロリーなカニカマをふんだんに使い、ダイエット筋トレにも最適なカニカマ炒飯の作り方をご紹介します。


筋トレカニカマ炒飯の材料・カロリー・栄養素



こちらが、今回の材料のカニカマ300g・卵2個・ご飯一膳160gおよびトッピングの枝豆です。それぞれのカロリー・栄養素は以下の通りになります。

カニカマ300gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:270kcal
タンパク質:36.3g (145.2kcal)
脂質:1.5g (13.5kcal)
炭水化物:27.6g (110.4kcal)

ご飯一膳160gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:269kcal
タンパク質:4g (16kcal)
脂質:0.48g (4.32kcal)
炭水化物:59.36g (237.44kcal)

卵2個100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:151kcal
タンパク質:12.3g (49.2kcal)
脂質:10.3g (92.7kcal)
炭水化物:0.3g (1.2kcal)

これらを合計するとタンパク質約52g(208kcal)に対して、筋肉合成カロリー約450kcalとなり、筋肥大バルクアップに最適な「タンパク質」:「筋肉合成カロリー」=1:2~3になることがわかります。

それでは、次の項目では具体的な作り方をご紹介していきます。

筋トレカニカマ炒飯の作り方



まずは、溶き卵を炒め、ある程度固まったら、ほぐしたカニカマと枝豆を入れて炒めていきます。



このような感じで具材がしっかりと混じるで、炒めながら混ぜ合わせていきます。



ご飯を入れます。味つけのベースにはダシつゆなどを使うと美味しくなります。



ご飯をつぶさないように、水気を飛ばしながら炒めて出来上がりです。



是非、お試しください。

さまざまな炒飯



【筋トレバルクアップ炒飯】鶏豚牛+大豆のコラボ|休日ランチにおすすめの筋肥大昼食例



【バルクアップにステーキ炒飯】筋肥大筋トレ翌日のランチメニューにもおすすめ

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。

※当サイトでは厚生労働省・Wikipediaなどの公共性・信頼性の高いサイトの情報を元に科学的な根拠(エビデンス)を担保しています。それらについてはこちらの一覧をご参照ください。

スポンサーリンク

当サイト運営・トップ競技者厳選ショップ
生産工場から直接輸入のためリーズナブル

北米に続き日本でもブレイク開始

マシン筋トレの疑問を解決する人気記事

自宅トレーニングに必要不可欠な器具は

執筆アスリート陣がリピートしている食材

スポンサーリンク
高品質トレーニングギア武器屋・鬼・GLFIT

当サイト提携ジムONI GYM 24 ONIGYM24大阪店ONIGYM24東京店

当サイト運営ジムで実際に使用している用品

記事制作©FutamiTC/MazurenkoJapan