【とんがりコーンのカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例




とんがりコーンは独特の形と食感で人気のロングセラースナック菓子ですが、そのカロリー・栄養素をご紹介するとともに、ダイエットや筋トレの食品として考えた場合の最適な食べ方について解説します。

●とんがりコーンとはどんな食べ物?


とんがりコーンは、ハウス食品が米国ゼネラルミルズ社と提携してはじめてスナック食品部門に進出したお菓子で、1978年が発売開始年となっています。

一番人気で主力のあっさり塩味のほか、焼きとうもろこし味、バターしょう油味、沖縄ゴーヤーチャンプルー味、北海道スイートコーン味などが発売されてきましたが、2019年現在は、あっさり塩味・焼きとうもろこし味・塩キャラメル味の3種がラインナップされています。

・とんがりコーンの原型BUGLES


Bugles brand snack food.jpg


とんがりコーンの原型とも言え、1965年からGeneral Mills社が発売しているのが、こちらのBUGLESです。

商品名のBuglesとは「ラッパ」の意味で、その形状に名前は由来しています。コーンミール粉を練ったものをココナッツ油で揚げており、一般的な植物油であげられるスナックとは風味が違うことが大きな特徴です。

なお、BUGLESはロングセラースナックとして、ウエストシカゴの工場が2017年に閉鎖されるまで長らく製造され、米国人に親しまれてきました。

●とんがりコーンのカロリー・栄養素


とんがりコーン一箱75gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:406kcal
タンパク質:4.0g(16.0kcal)
脂質:22.8g(205.2kcal)
炭水化物:46.2g(184.8kcal)

とんがりコーンは、炭水化物と脂質を中心とした非常に純度の高いカロリー食品であることがわかります。

※数値は「とんがりコーン公式ページ」を参照しています。

●とんがりコーンの目的別の食べ方


・バルクアップ筋トレの場合


とんがりコーンは、とても純度の高いカロリー食品ですので、筋肥大バルクアップ筋トレ前のカロリー補給に適しています。

・ダイエットの場合


とんがりコーンは、かなりカロリーが高い食品ですので、ダイエットには向かない食品と言えます。

●バルクアップ筋トレとダイエット筋トレの食事の特徴




バルクアップ筋トレの場合には、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算で10g)と、その2~3倍の筋肉合成カロリー(糖質と脂質)が必要です。

健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質(肉類換算で5g)が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。

●筋トレと食事の基礎知識




下記の記事はバルクアップ・ダイエットそれぞれの筋トレ目的別に、具体的な食事メニュー・レシピを解説したものです。是非、ご活用ください。

▼関連記事

【筋トレの食事メニューレシピ例紹介】バルクアップ・ダイエットそれぞれに最適なカロリー・栄養素比率

●人気のダイエット食品




なお、下記の記事はダイエット食品について、詳しく解説したものです。是非、ご自身に合ったダイエット食品を見つけてください

▼関連記事

【人気ダイエット食材・食品40特選】効果の理由と具体的でおすすめなやり方を解説


※本記事は提供元サイト(GLINT&bukiya.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。また、執筆者情報についてはこちらをご参照ください。



スポンサーリンク